☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2013年02月28日

お礼参り 〜 町石道を歩く その4

ゴルフ場をあとにして、再び歩き続ける。それからは特にこれといった出来事もすれ違う人もなく、ただ静かに時間だけが流れていった。

500mlのペットボトル1本ぐらい持ってくればいいものを、何も持たずに町石道を歩き始めた私である。真夏ならそんなことはしなかっただろうと思うが、まぁ真冬だしそんなに汗をかくこともないだろう、のどもそんなに渇かないだろう、渇いてしょうがなくなったら雪でもかじってりゃいいさ、と気楽に考えていた。が、久しぶりの山歩きにさすがに疲れてきた。ちょっと水が欲しい。

フゥフゥしながらなんとか歩き続け、やがて左手に木々の間からアスファルトの道路が見えた。そしてその道沿いに飲料水の自販機があるのを確認。おっ、自販機だ。やっと水分補給ができるぞ〜。

山道を下ってアスファルト道に出た。そこが矢立の交差点だった。時刻は12時10分。左手に公衆トイレがあったので、まずそこで用を足し、それから自販機の缶コーヒーでのどを潤す。

目の前に矢立茶屋というお店があった。ここは町石道沿いにある唯一のオアシスとも言えるお店である。

お店に近づくと、『抹茶セット 525円』の張り紙があった。抹茶セットかぁ。それ以外には、、、う〜ん、、、、うどんとかそばとかは、、、う〜ん、そんな張り紙はないしなぁ。まさか、抹茶セットだけ、、、いや、ほかに何かあるだろう、、、。

ガラス戸越しに中の様子をうかがうと、2人のカップル客の姿が見えた。外の入り口横には広いベンチもあり、そこで休憩させてもらうこともできただろうけどが、取りあえず中に入ろうか。腹も減ってることだし、何か食べたいし。ということで、私は扉を開け、矢立茶屋の中に入っていった。

真正面のテーブル席に腰をおろし、ゆっくりとお店の中を見渡す。ムムム、ほかにメニューらしきものがないぞ。ホントに抹茶セットしかないのか。ウムムム。

そう思っているところへお店の女性(いわゆる女将さん)が近づいてきたので、「あ、、、あのぅ、、、抹茶セットを、、」ということで取りあえず抹茶セットを注文した。

抹茶セットは、ここの名物のやきもち2枚と女将さん自らがお茶粉を溶いて入れてくれる美味しい抹茶がセットになったものだった。が、腹が減っていた私は、おかみさんが抹茶を溶いて持ってきてくれる前に先に出されたやきもち2枚をあっという間に食べ終えていた。

テーブルには番茶の入ったポットも置かれていて、それも2杯ほどおかわりする。そのうち先客2名はお店を出ていき、中は私と女将さんだけになった。

そして思い切って女将さんに声をかけてみた。

「あのぅ、ここは抹茶セットだけなんですか?」
「えぇ、そうなんです。」
「そうですかぁ。他におうどんとかやったりとかしないんですか?」
「えぇ、そう言われることもあるんですけどねぇ・・・。」

何か申し訳なさそうな辛そうな女将さんの受け答えに、それ以上聞くのはやめることにした。それにしても腹が減ったなぁ。てっきりここで何か食えるだろうと思って来たのだが、少々的が外れてガックリうなだれた。

が、ふと入り口横にスナック菓子やら何かが陳列されているのが目に入った。席を立ち、その陳列棚をジッと見入る。スナック菓子のほかにおかきやバナナクリームケーキなどがあった。

この際お菓子でもいいか。とにかく腹が減っているのだ。なんでもいいから腹に入れたい。とにかく大門までもってくれればいいんだ。その先にはいくらでも店があるんだから。

どれにしよう。ヨシッ、取りあえず一番腹持ちのよさそうなこれにしようということで、私はバナナクリームケーキを手に取った。

女将さんにコレも買いますということを告げ、私はもと居たテーブル席に戻った。そして女将さんに遠慮気味に話しかける。

「あのぅ、すみません、コレ、ここで食べさせてもらってもいいですか?」
「あぁ、いいですよ、番茶もごゆっくりどうぞ。」

女将さんはそう言ってニッコリ微笑んでくれた。ヨカッタ。その後おへんろさん姿の私に女将さんのほうからお四国の話を聞かれるなどして、女将さんとのまったり会話を楽しみながら、私はひと口大のバナナケーキをパクパクと食べ始めた。

しばらくして外から中の様子をうかがっているカップルのハイカーさんが入り口のところに見えた。そのうちの女性が中に入ってきて女将さんに話しかける。

「あのぅ、カップヌードルを持ってきてるんですけど、お湯だけいただけませんか。」
「あ、ハイハイ、いいですよ。」

女将さんは快くお湯を注いでカップヌードルを女性に手渡した。そんな女将さんの姿に慈愛の女神様が重なっているように見えた。この人、イイ人だなぁ。しみじみそう思った。

そんな女将さんと会話している合い間にもやきもちを買いに来るお客さんがちょくちょく訪れてくる。そのうち今ある在庫のやきもちがなくなったようだ。売り切れである。へぇ、けっこう売れるものなんだな、確かにここのやきもちは美味しいし。

そしてレジのところでの女将さんとやきもちを買いに来たマダムとの会話がふと耳に入った。

「お山の上はどうでしたか?」
「もう寒かったわよ、今朝は特にねぇ。気温も2℃やったし。」

どうやら高野山の話をしているようだ。私は気になってそのマダムに話しかけた。

「あの、すみません、高野山てそんなに寒いんですか? これから行くんですけど・・・。」
「もう寒いわよぉ。お山の上は雪よ、雪!」
「そうですかぁ。まぁでも2℃ならなんとか、ウン、なんとかなるかなぁ。」
「2℃は2℃でもマイナスよ。」
「え?マイナス!?」

その言葉に私は一瞬凍りついたのだった。
posted by こうへい at 00:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早い所では桜もチラホラ咲き始めているというこの季節。
そういえば、今日(3/20)はお彼岸の中日でしたっけ。

お礼参り編がスタートしたと思ったらここへきて急ブレーキ?エンコした?これだからおじさんは困るなぁ…( ̄ー ̄)ニヤリ
さぁ、とっとと書いとくれ!

高野山は夏でも涼しいですもんね。なのに真冬に行くなんざぁ、さすがです。中学生の頃やらされた金剛山への耐寒登山を思い出しただけでもいまだにブルブル ((;゚ェ゚;)) ブルブルするくらい冬山は嫌いです。ましてやメッチャ寒いってわかってる高野山へアタックするなんて・・・。
無事に帰って来られるのか、それとも…つづく。と、勝手に盛り上げときますね。

そうそう矢立茶屋。
そこへたどり着く前からハラヘリMAXだったのを思い出します。
「うどんやそばなどの軽食なら出してくれる」と聞かされていただけに、抹茶セットは悲しかったです。(頂いたけど)
でもちっとも足りなかったので、売ってたチップスターをむさぼり食いましたよ。
Posted by はりQ at 2013年03月20日 09:40
◆はりQ様
いやはやスミマセぬ。催促されて少々焦っとります。

この時期、出張が重なった上に他にちょっとやらなあかんことも増えましてな、、、。
ちなみに今年のGWも地方出張でのお仕事が決まってましてな、一日も休みありませんねん。
明日も朝早ぅに出なアカンし、まぁまた近いうちに再開ということで許しておくれやす。

しかしあんさんも矢立茶屋で売ってたお菓子を食べはったとは、、、。
さすがはお四国の松尾峠で迷ったもん同士。気が合いまんな(笑)。
Posted by こうへい at 2013年03月20日 21:34
お久しぶりです。

時々寄っていたのですが、なかなか進まなかったので、段々足が遠のいていましたが、フトお邪魔したら更新されているじゃ〜ありませんか。

アタシはやっと香川に入って「うどん」を食べることができました。
丁石道はいつになることやら^^;

はりQさんとのやり取りも久しぶりで楽しませて頂きました。
暑くなりますがお元気でお過ごしくださいませ〜♪
Posted by 桃 ぶどう at 2013年06月23日 11:38
◆桃ぶどう様
これはこれは桃ぶどうさん、お久しゅうございます。お返事遅れましてスンマセンです。

香川に入られましたか。うどん三昧のひとときをたっぷりとご堪能くださいね。

忙しいのは相変わらずなんですけど、何とか元気に過ごしております。が、更新のほうはなかなか進みませんでね。PCを開かずにそのまま寝入ったりっちゅうこともシバシバでして、、、。

う〜ん、年ですかねぇ、、、、とか言ったりすると、また何ちゃらQさんとかに突っ込まれそうなのでやめておきます、ハイ。
Posted by こうへい at 2013年06月25日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/332438773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。