☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2011年01月08日

四国へんろ【192】 結願のとき、、さぁ乾杯だ!

本堂の前に立ち、じっと見上げる。あぁ、やっと着いた。結願の寺に。ろうそくと線香に火を灯し、札を納めて一心に手を合わせた。左手の少し坂を上がったところに大師堂があり、同様の参拝を繰り返す。

そして納経所へ。なんとなくしんみりしながら最後の墨書と納経印をいただく。納経料を支払い、納経帳を受け取った。

ふと見ると、結願証が飾られていた。どうやら2000円で発行してもらえるようである。結願証か。どうしようかなぁ。ちょっと迷ったが、この納経帳にすべての墨書と納経印がある。これこそがりっぱな結願の証じゃないか。おへんろ交流サロンでいただいた任命書もあることだし、、、、。

まぁいっか。要らないか。  、、、ということで、私はそのまま納経所をあとにした。

ゆっくりと山門のほうへ歩き出す。笑っていた膝もいつの間にか静かになっていた。そして山門をくぐり、石段を下りて再度振り返って山門を見上げる。

そうか。ここへ着いたときはこの山門から入ったわけじゃない。女体山から下りてきて境内の脇から入ってきたのだ。もう一回ちゃんと山門から入り直して参拝しようか。

そう思って私は山門に一礼して再び境内に入り、本堂と大師堂にゆっくりと手を合わせた。いつもなら本堂と大師堂合わせて12〜13分ぐらいの参拝であるが、最後ということでここはじっくりと時間を要した。

あぁこれで終わったな。結願すると、感極まって泣き出す人もいるようである。だが、特に私の場合はそんなこともなく、このときの印象をなんと表現すればいいのだろう。うまく言葉に表せないこの気持ち・・・。

結願した達成感からくる喜び。無事結願できてただただホッとした気持ち。そしてついに終わりを迎えてしまった寂寞感。それぞれの思いがそれぞれに湧き上がってくる。これをなんと表現すればいいのだろう。ウマイ言葉が見つからない。

その後、私は山門を出、再び振り返って山門を見上げた。奥には本堂が見える。その光景をしばらく見つめたあと、山門に向かって深々と頭を下げた。


さぁさぁ!!、、、さぁさぁ!!


私は口を真一文字に結んだまま思い切りニンマリした。実は結願したら絶対やろうと思っていたことがあるのだ。それはこの大窪寺の山門前で結願祝いのビールをグビグビやることだった。

ヨシッ! 乾杯だ! 乾杯しよう!。

大窪寺の山門周辺にはいくつものお店が軒を連ねている。さてさてビールはどこに売ってるのだろう。振り返り、キョロキョロと山門前のお店を見渡す。


キョロキョロキョロキョロ、、ん?、、?、、ん〜?、、?、、はれぇ?、、???・・・。


私はボー然とした。なんと山門前のすべてのお店が閉まっていたのである。

ウッソー、、、。そして時計を見た。確か17時30分ぐらいだったと思う。17時で納経は終わる。見渡すとおへんろさんの姿も私以外にはなく、一般参拝客らしき人の姿もない。

そうか。この時間にもなると参拝客はいなくなるので、商売にならない。つまりは営業時間外ということになるのか。お寺の隣に飲食店があり、そこはまだ営業しているようだったが、店の中でグビグビしてもなぁ。欲しいのは山門前でグビグビできる缶ビールなのだ。

困惑顔をしながら山門前の通りを右往左往。しかしどこにも缶ビールは売っていない。いや売っていないのではなく、店そのものが閉まっているのだ。

このへんの記憶も確かではないのだが、参拝納経を終えて一度山門を出たとき、目の前のお店はまだ開いていた印象がある。でも私はもう一回山門から入り直して参拝もし直した。それも時間をかけてゆっくりと。その間に17時は過ぎ・・・。

アチャー、なんでやねんな、もう・・・。電光石火の店終いかよぉ。せっかく結願したのに。山門前でグビグビやりたかったのに。ハァ、がっくり・・・。

結願した何とも表現しようのない気持ちにガックリ感が加わる。もう今さらどうしようもない。私は仕方がないかとあきらめて、宿に向かってトボトボ歩き出した。

が、ふと右手に赤い自販機が目に入った。コーラがある。大好きなコーラだ。ビールと同じ炭酸系だし、コーラで乾杯しようか。

そして小銭を投入。ガターン、ゴロゴロ。出てきたコーラを手に取り、わざわざまた山門前に戻ってきた。

蓋を開ける。プシュー。うん、いい音だ。そして山門に向かって立ち、乾杯!と一気にコーラをのどの奥に流し込んだ。

うん、炭酸のシュワシュワ感がのどの奥で踊っている。うん、美味い。美味いぞ、、、うっ、、うっぷ、、、ゲボボ、ゲボボボ、、、、。思いっきりゲップが出た。

ふぅ、ヨシ、これでいいや。ビールのようなのど越し感には物足りないけど、取り敢えずの満足感に浸ることができた。

さてさて結願はし終えたが、これですべての歩きが終わったわけではない。自分の歩いてきた軌跡をひとつの輪として繋げるためにスタート地点の1番霊山寺に戻る。それをもって私の歩きへんろは終了するのだ。

さぁもうひと踏ん張りだ。がんばろう。

そしてコーラをすべて飲み終えた私は、今日の宿へと気分よく向かうのだった。
posted by こうへい at 17:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新年おめでとうございます。

そかー。いよいよ結願されたんですな。おめでとうございます。
1巡するとすぐまた2巡目を考えると聞きますが、どうなのかな?

ワタシの結願はまだまだうんと先ですが、そうか、大窪寺に行く前に缶ビール買っていくのを忘れないようにします。

本年もどうぞよろしくお願いします。
Posted by はりQ at 2011年01月08日 20:20
どもども。良き年を迎えられましたか。こちらこそヨロシクお願いいたしします。

お祝いのお言葉、ありがとうございました。
私の場合、2巡目のことは特に考えてないというか、、、。でも全然考えてないわけじゃないですよ。いずれまた行きたいとは思っております。ただすぐにってわけじゃないってことでね。

缶ビールは買うていかんほうがええんちゃいますか。着くまでに冷やこいのんがぬくぅなりまっせ。
到着が納経時間ギリギリにならんように気をつけてはったら、大丈夫ですよ。
、、、、って、門前のどの店にも缶ビール売ってなかったら、、、、。
ハハハ、そのへんは、、、、、知りまへーーーん!
Posted by こうへい at 2011年01月08日 22:28
新年とは全く切り離して、
結願おめでとうございます。

達成感というもの、後日になってフツフツと出てくる場合もあります。
数年後ということさえあるでしょう。 われながらよくやった、と。
それは、他の人から、歩き遍路は誰でもできますか?と問われると、
できるにはできるが、かなりしんどいです、と答えざるを得ないでしょう。
それは自動車の安全運転にも比すことができるでしょう。
これまで数万人、いやそれ以上の人が達成しているはず、と思うからこそ、
自分にも出来るはず、・・・・そう信じるから先へ進む気力が出てくるの
ではないでしょうか。
なんて、まだ結願していない私がいうてもダメかな?

しかし、自販機からガターン、ゴロゴロと出てきたコーラを飲むのはさすがに
絵にはならないですね。 しかし誰も見ないにしても宿で飲み直しが出来ますね!

なにはともあれ、ふぅ〜〜〜〜! やった〜〜〜!
と私も完通読を達成して、脱力できました!

Posted by よし男 at 2011年01月10日 00:37
◆よし男様
お祝いのお言葉、ありがとうございました。
やっぱコーラじゃ絵になりませんかね。ちょっとこれは心残りと言えば心残りではあります。もちろん宿ではしっかりビールで乾杯しましたよ。

完通読も達成くださったようで、ホントに嬉しく思います。ありがとうございました。
ただ記事としてはまだ終わったわけじゃありませんでね。このあと1番まで戻る行程も書き上げて終わりにしようと思っております。



Posted by こうへい at 2011年01月10日 12:50
今年もこのHNで通します。て、もとには戻られへんし。

そうかぁ、時間が遅かったから店も閉まってまうんやね。

おかげさまで私は山門の下の店でうどん食べましたよ、
ええ、美味しいうどんを。
本物のうどん、でっせ。 
こうへいさんの好きな、うどんを。

ちょっとやりすぎたかな?
Posted by まねき猫 at 2011年01月10日 14:07
◆まねき猫様
そうですか。美味しいうどんをねぇ・・・。
いえいえ、もう全然やりすぎとかいうことおまへんですよ。
まったく気にしておりませんゆえに、ええ、ハイ・・・。

そうでっか、そうでっか。
まぁでもどこぞで出会たときは気ぃつけなはれや。
あっしに背を向けんほうがエエかもな、、、フフフフ ( ̄ー ̄)ニヤリ 
Posted by こうへい at 2011年01月10日 17:51
結願おめでとう御座います。私のお勧めは、一番札所まで歩き、さらに徳島港→フェリー→高野山奥之院まで、歩き遍路が、お勧めです。「私は体験済み」
高野山町石道、中ほどにある、矢立茶屋のお茶と白いお菓子の味が、忘れられません。
Posted by ミナミ at 2011年01月18日 21:32
◆ミナミ様
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
コメント&結願祝いのお言葉ありがとうございます。

>徳島港→フェリー→高野山奥之院まで、歩き遍路が、お勧めです。「私は体験済み」

おぉ、それはスゴイ!。しかしフェリーを降りて、そこから町石道経由で高野山まで歩くんですか!? 町石道までは電車乗ったらあきまへんやろか、、、。

それともしかしたらミナミさんは思い違いされてるかもしれませんが、私が結願したのは、2008年9月のことでして、今から2年ちょっと前のことなんですよ。歩き始めは、2006年6月のことでした。
で、この歩きへんろ記録を残しておこうと思いまして、2年前からのことを必死に思い出しながらこれまでの記事を書いてきましてね。このあと、1番までは戻るんですが、そのあとがね、実はアレでしてね、、、ハハハ。

町石道はぜひ一度は歩いてみようと思っております。もちろん、矢立茶屋のお茶と白いお菓子もいただくつもりでおりますよ、ハイ。
私、酒好きですが、甘いものもいけるクチですねん。

 
 
Posted by こうへい at 2011年01月18日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。