☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2010年10月26日

四国へんろ【184】 おへんろさん=山登る人!?

国道11号線に出ると、すぐ先に「道の駅 源平の里むれ」が見えた。

おっ、こんなところに道の駅が。いいところにあるじゃないか。ちょうど休憩したかったところだ。
が、この道の駅は同行二人地図(第7版)にはまだ掲載されていなかった。ここもオープンして間もないのだろう。

トイレに寄ってベンチで小休止。再び地図を開く。このあとは86番志度寺を打って、高速志度バス停から17時32分発の高速バスで帰阪の予定である。
志度寺まであと3km弱か。現在時刻は14時過ぎ。バスの出発にはじゅうぶん間に合いそうだ。ちょっとゆっくり休憩していこうか。

しばらくの間ベンチでのんびりまったりしていると、道の駅の建物の中から若者たちのグループがソフトクリームを片手に出てくるのが見えた。

(あ、アレ、美味そうだなぁ・・・。)

私も無性に食べたくなって道の駅の中に入っていった。そしてソフトクリーム売り場を発見。(あった、あった、あれだ。)

そして売り場に近づくと面白い看板が目に入った。その看板にはこう書かれてあった。


《北海道ソフトアイス 北海道を感じてください》


北海道を感じてください、かぁ。しかしせっかく四国へ来てるのに、何もわざわざここで北海道を感じなくても、、、。
そう思うと何だか妙におかしくて、ゆるんだ口元をなかなか押さえられなかった。

ソフトクリームを受け取り、代金を支払う。確か250円ぐらいだったような・・・。けっこうな値段である。が、これがまた実に美味かった。さすがは四国の北海道アイスである。(なんのこっちゃ)

さてそろそろ行こうか。ということで、私はソフトクリームをほうばりながら広い駐車場を横切り、11号線のほうへ歩いていった。

そのときである。

ひとりの幼い少女が乗用車の脇からヒョコっと表れて、私の姿を見るなり指差して、甲高い大きな声で叫んだ。

「あぁっ!! 誰っ!?」

ソフトクリームをほうばりながらビックリして目を丸くする私。
そこへお父さんらしい男性が現れて少女の耳元でささやくように

「、、、おへんろさん、、、」

すると、少女はまた大きな声で

「えっ!誰っ!? 山登る人っ!?」

すると、お父さん、少女の手をひきながらまたささやくように

「、、、そう、、、」


(そ、、そうって、、お父さん!!)


お父さんのそのささやきが聞こえた瞬間、のどに入りかけたアイスが鼻の中へ逆流し、足もつまずいてズッコケそうになった。ググッ、ゲホゲホ、ゴホ、ゲホ。、、うっ、苦しい。鼻が冷たい。

(しかし「そう」ってそりゃないでしょ、お父さん。娘さんにちゃんと説明してやってくれよぉ〜。)

11号線に出てすぐに左の脇道に入った。その道すがら、先ほどの親子のことを思い返す。
やれやれマイッタなぁ。まだソフトクリームが鼻の中に・・・。しかしおへんろさんは山登る人かぁ。あながち間違っても、、、いないよなぁ・・・。
確かに先ほどは八栗寺・屋島寺、そして昨日は根香寺・白峯寺。続けて山を登ってきたところだしなぁ・・・。

「おへんろさん=山登る人」。まぁいっか。決して間違ってるわけじゃなし。いずれ少女にもわかるときが来るだろう。

でもお父さん、ちゃんと説明するのが面倒くさかったのはわかるけど、それだけが本分じゃないこともちゃんと娘さんに教えてあげてくだされよ。

・・・が、、、お父さんがよくわかってない人だったら、、、。

だったら、、、、、まぁいっか。取り敢えずそういうことにしておこう。うんうん。



posted by こうへい at 22:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん、まあねぇ。北海道で《四国アイスクリン。四国を感じてください》としても特に受けないでしょうね。
四国のアイスクリンを経験した人だけが、なつかしいな、と食べようとするでしょうが。北海道はそれほど、広々とした、チマチマしていない地のイメージがあるんですね。
お父さんが、あのおじさんは死ぬ覚悟で白い服を着ているんだよ、なんて説明したら子供はびっくりするでしょうね。泣き出すかも知れません! ま、今では遍路ファッションみたいもので、背中の文字《南無大師遍照金剛》もリュックで見えませんしね。

子供たちは毎日のように新しいものを目撃しているんでしょう。
Posted by よし男 at 2010年10月26日 23:29
いやいやちがいますな。『アイスを鼻からのどに逆流させつつ山登る人』が正解。
でも、子供におへんろさんとは何ぞやと教えるのって難しいですな。
Posted by はりQ at 2010年10月27日 10:03
◆よし男様
確かにアイスクリンはちょっと弱すぎな感じがしますね。アイスクリン、私もおへんろ中にどこかで食べたんですよ。どこでだったかは思い出せないんですけど。そうそう、おへんろさんだってことで半額にしてくれたんですよ。あぁどこだったかなぁ、、、思い出せん、、、。でも確かに昔懐かしいって感じの味でしたね。

やっぱ地方で四国を感じてもらうなら、「四国88カ所のお砂踏み  四国を感じてください」じゃないでしょうかねぇ。

>あのおじさんは死ぬ覚悟で白い服を着ているんだよ

死ぬ覚悟でって、そんな、、、、。(汗)
でもおへんろする人の思いは人それぞれですからねぇ。中には四国へ着くなり観光するおへんろさんもいらっしゃいますし、、、。(チラッと○○Qさんを見る)

まぁでも小さいお子さんにおへんろさんの説明をするのは、やっぱ無理がありますよねぇ
Posted by こうへい at 2010年10月27日 23:10
◆はりQ様
>『アイスを鼻からのどに逆流させつつ山登る人』が正解。

ちゃうちゃう、ちゃうで、ちゃいまっせ!
鼻からのどやのうて、のどから鼻でっせ!

、、、ってどうでもええことですな、そんなことは。ま、よろしいワ。

それが正解とおっしゃるなら、松尾峠で迷ったあなたにもきっと同じようなことが起きるでしょう。おへんろ中にソフトクリーム食べはるときは、気ぃつけなはれや。(ムフフフ)
Posted by こうへい at 2010年10月27日 23:13
アイスクリン食べましたよ、高知のどっかが最初で、次は50番:繁多寺の前で、
自転車の後ろにアイスボックスを載せたおっちゃんから買うて松山市内を見下ろしながら食べました。
昔は小学校の運動会ではどこでも校門前にあったような・・・
Posted by まねき猫 at 2010年10月31日 10:41
◆まねき猫様
繁多寺の前ですか、、、う〜ん。そういや山門の前で売っているのを見た覚えがあります。繁多寺だったのかなぁ。
でも私が買ったのは、どっかの境内の中だったような気がするんですよね。それがどこだったか、、、。そんな風景は覚えないでしょうか。
Posted by こうへい at 2010年10月31日 12:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。