☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2010年05月31日

四国へんろ【177】 菅笠のこと

少ししてへんろ道はゆるやかな登りが始まり、やがて完全な山道に入った。角度も徐々にキツクなる。久しぶりの山登りだ。ふぅ。さすがにキツイ。

しかし白峯寺の標高はそれほど高くない。これまでに幾つもの難所を越えてきたのだ。何のこれしき。幸いお山の木々が降り注ぐ雨の傘となってその勢いを和らげてくれている。さぁ頑張れ頑張れとお大師様の杖を頼りにへーコラしながら必死に山道を登っていく。

やがて前方にひとりの歩きへんろさんが立ち止っているのが見えた。昨夜えびすやさんで同宿だった50代くらいの男性である。どうやら疲れて一服休憩中のようだった。その男性に話しかける。

「お疲れさんです。」
「あぁどうも。ちょっとキツイねぇ。」
「そうっすね。」
「雨がやんでくれたら菅笠脱ぐんだけどなぁ。もう頭が暑くて暑くて・・・」

見ると男性は菅笠にビニール笠をかぶせたままでかぶっていた。このビニール笠であるが、菅笠を購入すると付属で付いているものである。雨水が浸入しないようにということだろうが、しかしこれでは通気性が悪く、頭もどんどん蒸れてくる。そりゃ暑いわけである。

当初私もこのビニール笠をかぶせたまま菅笠をかぶっていた。そしていつ頃からか忘れたが、私はビニール笠をはずして裸で菅笠をかぶるようになっていた。
そうすると通気性も良くなり、グッと楽になる。だがそれでは雨が浸入するのではと思われるかもしれない。私も最初はそう思っていた。

しかし菅笠を裸のままかぶっていてもその浸入はほとんどないのだ。かなりの土砂降りでも大丈夫。土砂降りの中、一日歩いても若干内側に雨水がにじむ程度である。ダダ漏れするようなことはない。

ただちょっと安い菅笠だと、頭のてっぺん部分が破れやすくて穴も開きやすいようだ。頭のてっぺんが破れた菅笠をかぶっているおへんろさんをこれまで何人も見た覚えがある。そうなるとやはりビニール笠は必要だろう。

しかし私は幸いなことに、たまたまちょっとイイやつをを買ったのかもしれない。それが下の写真である。

DVC00128.JPG


これは頭のてっぺんが破れないように補強されている。おへんろを始める際、何も知らずに適当に買ったものであるが、結局最後まで破れることはなかった。

この菅笠は素晴らしい。ビニール笠など要らない。ただそれだけでじゅうぶん雨よけになる。すぐれものなのである。

そして男性に話しかける。

「ホラ、僕の菅笠、ビニールついてないでしょ。これで全然大丈夫ですから。」

男性は、へぇ〜そうかと言いながらビニールをはずし、じかに菅笠をかぶると、

「あぁ、ホントだ!、全然違う。涼しいよ!。」
「でしょっ!!」

男性の嬉しそうな表情に私も思わずニッコリと微笑んだ。


posted by こうへい at 00:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この菅笠はスグレモノですね! 私の使ってきたものは、これほど密なものではないです。雨が網目を抜けて入って来たかどうかは覚えていませんが、ビニール?の防水カバーを追加しました。このカバーはゴム紐などで笠にくっ付けておかないと風で飛ばされ失うことがあります。販売している製品は笠の縁に引っ掛けているだけです。また、菅笠も大きすぎると突風で持って行かれることがあるそうです。レインコートとしてはポンチョを使っています。やはり蒸れない点がいいです。
Posted by よし男 at 2010年06月06日 00:44
私は2巡めに一回り大きい網代笠に買い換えました。
初回はいわゆる菅笠で雨の日はカバーをしていないと使えない物でしたし、
直径40センチぐらいの小さいものでした。
今のは竹で編んだ物で、防水用の透明の塗装もしてあり、
大きさも直径60センチぐらいあります。
私は身長183センチ、がっしり体型なのでこれぐらいの大きさがちょうどいいです。
ただ、難点は行き帰りに持ち歩くのがかさばるのと、
上を見上げたときに笠の後ろがザックに当たることです。
てっぺんのすれは粘着テープで補強してあります。

Posted by まねき猫  at 2010年06月06日 14:13
◆よし男様
>このカバーはゴム紐などで笠にくっ付けておかないと風で飛ばされ失うことがあります。

そうです。そうなんです。実は私のビニールカバー、風で飛ばされたんでしょうね。いつの間にかなくなってたんですよ。たぶん菅笠を背中のリュックにくくりつけて歩いてるときだったと思うので、風で飛ばされたことに気づかなかったんだと思います。
気づいたのはどのへんだったかなぁ。ちょっと覚えてないんですよ。
まぁでもなくなったおかげでこの菅笠がすぐれものだということがわかってヨカッタです。
Posted by こうへい at 2010年06月06日 22:37
◆まねき猫様
私の菅笠ですが、測ってみたら直径47cmでした。これも若干大きめですかね。でも直径60cmはさすがに大きいですねぇ。

>私は身長183センチ、がっしり体型なのでこれぐらいの大きさがちょうどいいです。

そんな大男さんだったとは・・・。勝手に小柄な男性を想像しておりました。スミマセンです。
Posted by こうへい at 2010年06月06日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。