☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2010年02月21日

四国へんろ【163】 いざ、涅槃の道場へ

前回までに69番観音寺を打ち終え、私の四国歩きへんろ行もいよいよ最後の香川県・涅槃の道場に入った。予定では、あと2回ほどの区切り打ちで結願を迎えることになるだろう。

さてこの香川県であるが、札所のある地域の多くは私の住まいから見て西方位に入っている。細かく言えば、69番観音寺から86番志度寺までが西方位となっているのである。

ヨシ、それなら次の第10回区切り打ちは、西が吉方位になっているときに行こう。そう考えて手帳を見ると、この年(2008年)の西方位が私(二黒土性)にとって吉方位となっているのは4月節と5月節だった。

4月節と5月節。ありがたいことに、この時節はゴールデンウイーク期とも重なって、4日間(5月3〜6日)ではあるが、まとまった休みも取れる。4日あれば、86番志度寺まではじゅうぶん打てそうだ。

ヨシ、これで決まりだ!。ということで、5月3日(土)を出発の日とし、地図を見ながら入念にその行程計画を立てた。

そして出発前日の5月2日(金)夜。一本の携帯メールが入った。

【ひと足お先に行ってます!】

メールの主は私の会社の親会社のI君。私が60番横峰寺へ登っていたときに、なぜか南米のアンデス山脈越えをしていたあのI君である。前述した通り、彼も歩きへんろさんで、今回はたまたまお互いの日程が合って、互いに四国入りすることになったのである。

I君は今回、高知県の甲浦から歩き始め、室戸岬をまわって高知市内のどこかまで歩く予定とのことだった。

「せっかくやから、現地でメールのやり取りしようか。互いの実況中継いうことで、、。」と私が提案すると、
「それ、おもしろいですねぇ。やりましょう。」とI君もノッてきた。

ということで、甲浦までの夜行バス(現在この路線の夜行便は廃止されている)に乗ったI君から早速入った一報が先ほどのメールである。

そして私のほうは、5月3日(土)の早朝、最寄り駅からの始発(5時過ぎ)に乗るべく、4時には起きるつもりが、目が覚めたのはナント4時45分。やっべぇ〜。

それでも荷物などは前日に用意しておいたので、とにかく慌てるな慌てるなと自分を落ち着かせ、手際よく身支度を整えて家を出た。そして最寄り駅まで足早に歩く。早朝5時とは言え、駅のホームにはけっこうな数の乗客がいた。

無事始発に乗り、新大阪駅へ。新幹線には始発から2本目(6時5分発)に乗れそうだ。これだけ早いと、自由席でも座れないことはないだろう。、、、とたかをくくっていたのだが、駅のホームは帰省客やら旅行客でごった返していた。そして自由席のほうはどこも長蛇の列がズラ〜ッ・・・。

あちゃ〜、マイッタなぁ。まぁでもGWの真っ只中だし。仕方がないか。あきらめよう。、、、ということで、取り敢えずデッキの一角に陣取った。

そしてI君に「俺も出発したよ〜。今、新幹線の中〜!」みたいなメールを送る。するとI君はすでに起きていたようで、すぐさま返信が来た。どうやら昨夜I君は、甲浦近辺の海岸で野宿したとのことだった。

やがて岡山に着き、在来特急に乗り換えて、8時24分観音寺駅に無事到着。

DVC00158.JPG


ヨッシャー、来たぜぇ、観音寺!。これから、バリバリ歩くぜ、香川県!。

香川県と言えば、讃岐うどんの本場である。そして私は大のうどん好きなのである。ヨシ、今回は朝・昼・晩とうどんで過ごそうか。楽しみだなぁ。ワクワク、ドキドキ、ワクワク、ドキドキ、、、。

このとき私はおへんろさんの本分を忘れ、完全に一般の旅行客と化していたかもしれない。でも今回だけは許しておくれよ。しっかり歩いていきますから。許してください、お大師様〜。

、、、、とおへんろさん失格の烙印を押されてしまいそうな中、私の第10回目区切り打ちはスタートしたのだった。


posted by こうへい at 01:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>4時には起きるつもりが、目が覚めたのはナント4時45分。
この時の動きはDVDの早送り画像のようでしたでしょう!
私も駅まで必死で走ったことがあります。いまは心臓急停止と
なる恐れがあるのでやりません。前日、外出服装で寝るのが安全。
背広・ネクタイ姿で寝たという人の話も聞きます。朝食も前日夜に!

ケータイは観音寺(かんのんじ)から甲浦(かんのうら)へ、ですか!
ゴールデンウィークのド真ん中で自由席を? 
       ええ、度胸してますねぇ! ここはデッキで読経でも!

讃岐うどん遍路ってのもあるそうで。(^^)
Posted by よし男 at 2010年02月21日 12:27
◆よし男様
背広・ネクタイ姿でってマジですか?
朝食も前日夜にって、それ、夜食ですやん!(笑)

>ケータイは観音寺(かんのんじ)から甲浦(かんのうら)へ、ですか!

これなんですが、ちょっと意味がわかりませーん。
今回、私は観音寺から、I君は甲浦からそれぞれおへんろスタートするってことなんですが、、、う〜ん、、、。
Posted by こうへい at 2010年02月21日 19:20
>>ケータイは観音寺(かんのんじ)から甲浦(かんのうら)へ、ですか!
>これなんですが、ちょっと意味がわかりませーん。
なになに、単なる音の類似のことです。I君と同じく区切り打ちを始め
るために行くまで「甲浦」を「かんのうら」とは私は読めなかったので。
なんのかんの言っても姓名と地名は読めなくても恥ならず!
Posted by よし男 at 2010年02月21日 21:52
◆よし男様
フムフム、そういうことですか。
ただですね、この文節の主語は「ケータイは」ですよね。で、その主語に対する述語とか目的語がいったい何なのかがわからないんですよ。

ケータイは観音寺から甲浦へ、、どうしたということなんでしょうか?

Posted by こうへい at 2010年02月21日 22:55
>ケータイは観音寺から甲浦へ、、どうしたということなんでしょうか?
すみませんでした。
あまり文法的にも正確に書くと面白くなくなると思うので省略すること
をよくします。

携帯電話器(でのメール)は観音寺から甲浦に届いた、と言うだけのことです。
ま、これ以上の追求はご容赦下さい。私としては自明のことと思ったので。
Posted by よし男 at 2010年02月21日 23:43
◆よし男様
なるほど、よくわかりました。

でも、ハハァ〜ン、よし男さんはきっと私が観音寺に着いてから甲浦へメールしたと思われたんでしょうね。
もいちどよ〜く本文をお読みになってみてください。そう、私がメールしたのは岡山へ向かう新幹線の中だったのでしたぁ〜。

ま、どうでもいいっちゃぁどうでもいいことなんですけどね。なんだかやたら引っかかってしまいまして、、、。
お手数おかけしました。すみません。
Posted by こうへい at 2010年02月22日 01:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。