☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2009年06月20日

四国へんろ【121】 ボケボケのイライラ

道引大師をあとにして、県道29号線をてくてく歩く。すぐにY字路を右手のへんろ道に入って、再び29号線に合流し、また次のY字路を右手に入る。前方に大きな高架道路が見えてきた。松山自動車道のようである。

43番明石寺(めいせきじ)まであと1kmぐらいの地点。ここから明石寺までのルートはいろいろあるようだ。取り敢えず一番右手のルートを取り、高架道路に沿って歩いていく。

川を挟んで向こう側には、けっこうな車の往来が見えた。それを横目にてくてく歩く。
さてこのへんからだが、ちょっと道に迷ってしまった。そろそろ左手に曲がるよう示す赤いおへんろ札があるはず、、、と注意しながら歩いていたつもりだったのだが、どうもおへんろ札が見当たらない。おかしいなぁと思いつつ、そのまま先へ歩いていく。

やがて前方にY字路らしき大きな交差点が見えてきた。やっぱりおかしい、、、ということで、また地図を取り出した。よく見ると、、、、シマッタ、どうやら行き過ぎている。チクショーめ!。
そこから引き返して、すぐのT字路を右折する。そのT字路におへんろ札はなかったが、この地図通りに行けば大丈夫なはず。明石寺はすぐそこなのだ。

しかしこの日の私はなんだかおかしかった。県道237号線まで出て左折したところまではいいとして、そこから明石寺への道を右折せず、そのまま県道に沿って歩いていってしまったのだ。

もう何回このへんの高架道路下をくぐったことだろう。ボケボケもいいところである。その後どこをどう曲がって進んでいったかよく覚えていないが、取り敢えずはなんとか43番明石寺に到着できた。時刻は11時30分を過ぎたところ。

参拝・納経を終えて地図を開く。このあと伊予大洲までは札所もない。ただひたすら歩くだけだ。しかしここから伊予大洲までは約20km。

だいたい私はいつもお昼の時点で、今日の残りの歩行距離が約15kmというのを目安にしていた。それを考えると、予定より1時間以上の遅れである。まぁ今日の午前中は、長命水で長〜い話のうどんを食べ、ゆっくりな2人のおへんろさんにも付き合い、そして先ほどは道にも迷った。遅れるのも当然のことである。

私のペースでこのあと伊予大洲までとなると、おそらくドップリ日も暮れて、余裕で18時を過ぎるだろう。昼食の時間も考えれば、ヘタすりゃ19時になるかもしれない。
そう言えば、まだ今日の宿を予約していなかった。遅くなるのも何なので、取り敢えず伊予大洲より手前にある宿に予約を入れようか。さてさてそこはどこだろう。

、、、と、伊予大洲付近のページをめくった。が、よく見ると、その手前に宿がない。ゲッ、ヤバイぞ、どうしよう。伊予大洲駅近辺に宿はけっこうあるのだが、、、、、となると、やはり今日はなんとしても伊予大洲まで行かなければ・・・。

しかしこの付近の地図は昨日から何度も見ていたはずだったのに、それに気づいていなかったとは、、、。まぁ仕方がない。とにかく行こう。急がねば。私は少々焦りつつ、明石寺からの山道を下っていった。

この下りの山道も途中から二手に分かれ、少し手前に戻って下りるルートと1kmほど先へ下りるルートの2つがあることは地図で確認していた。当然、先を急ぐ私は1kmほど先へ下りるルートへ向かっているつもりだった、、、、、のだが、ここでもその分岐点を見逃したのか、結局少し手前に戻って下りるルートを行って、JR卯之町駅より手前の地点に下りてきてしまった。

何をしてるんだ、今日の俺は・・・。度重なるボケボケに自分で自分が腹立たしくなってきた。そしてイライラしながら卯之町の街並みを通り過ぎてゆく。

とうに昼は過ぎ、腹も減ってきている。その空腹感がイライラを助長させてもいるのだろう。歩きへんろはただでさえシンドイのに、こんな状態で歩いていては、ただシンドイだけだ。楽しくも何もない。とにかく腹を満たそう。どこかに適当な食堂はないか、コンビニはないだろうか。

左手に大きな車道が走っている。国道56号線である。そしてへんろ道はやがて56号線に合流することになる。その合流地点から少し手前の56号線沿いに一軒のラーメン店が見えた。やったぁ、ヨカッタ!。ヨシッ、あそこで飯を食おう。

やがて56号線に合流し、少し戻ってラーメン店に入った。時刻は13時前。しょうゆラーメンの大盛りとライスを注文し、一気に食べた。ふぅ〜、何とか落ちついたぞ。

自分のガソリンを満タンにできたところで、いよいよアクセル全開である。、、、、っとと、その前に宿の予約をしておかなければ、、、ということで、再び地図を開く。

さて、取り敢えずどこにしようか、、、。しかしあまり考えずに、私は「ときわ旅館」に決めた。ただ漠然と、何気なく・・・。
地図のど真ん中に位置していたからかもしれないが、とにかく私の目に一番最初に飛び込んできたのが「ときわ旅館」の文字だったのである。


posted by こうへい at 17:30| Comment(4) | TrackBack(1) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このあたりフクザツですね。要注意コースです。地図には準国道並の太い道路として書かれていても実際は草に覆われた細い道であったりして間違うことがあります。思い込みも間違う原因です。他人の「ボケ」に喜ぶ私。オレだけじゃねえな、って心理でしょうか?
Posted by よし男 at 2009年06月21日 20:46
◆よし男様
>他人の「ボケ」に喜ぶ私。オレだけじゃねえな、って心理でしょうか?

その心理、わかります、わかります。みんな、そうなんじゃないですかねぇ。
人間はボケたり失敗したりするから人間なんですよ!(めちゃ強調!)
ミスしないやつなんて面白くもねぇ、可愛い気もねぇですよ。でしょ!でしょ!

、、、、と言って、自分をなぐさめるのも何だかなぁって感じですけどね・・・。f(^o^:;)

Posted by こうへい at 2009年06月21日 22:53
この5月、43番明石寺(めいせきじ)へは、こうへいさんと同じような状態で迷ったようです。途中でへんろ道のしるしが全くなくなり、自分がどこにいるか見当も付かなくなりました。だいたい、ひとひねりした高速自動車道など、歩いていては分かりません。高速沿いに道があったかなぁ??これ以上無駄足はいやなので沿路の会社の事務所に飛び込み確かめようとしたら、大声を張り上げてもだあれもいないのです。大きな水槽内の金魚たちが、うるさいオジサン!、って顔をしていました。43番札所へ直行する前の高速ガードあたりで神社が見えたので、このあたりか?と目を透かしていたら観光バスが下りてきました。うん、これなら間違いない、と判断し坂を登り明石寺に到着しました。 要はボケには関係なく迷うルートと結論できます!つぎの山下りでも注意していたのですが分岐点はなかったですねぇ?? 「宇和の里」に迷うことなく着いてしまいました。他のへんろさんも言っていましたよ?
Posted by よし男 at 2010年06月02日 13:52
◆よし男様
>要はボケには関係なく迷うルートと結論できます!

なるほど、私のボケだけが原因じゃないということですね。わざわざ実証してくださったような感じで、感謝しております。ありがとうございました。

しかし「宇和の里」??、、、ってどこですか?
分岐点がなかったってことは、よし男さんもJR卯之町駅近くに下りてこられたんでしょうかねぇ、、、?、、、
Posted by こうへい at 2010年06月03日 19:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121872513
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 4 先生たち  (1)
Excerpt:           ブログ小説              夕陽・少年隊     
Weblog: ブログ人
Tracked: 2009-07-26 03:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。