☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2009年05月11日

四国へんろ【108】 39番延光寺へ

ちょっと長めの休憩後、へんろ小屋を出た。そして大きな高架道路に沿ったへんろ道をてくてく歩いていく。

少しづつ雨も弱まってきていた。それから1時間ほど経っただろうか、どうやらあの激しかった雨が止んでくれたようである。私はポンチョを脱ぎ、適当にたたんでリュックにくくり付けた。その後、何度も高架道路の下を右へ左へとくぐりながら高架道路沿いに歩いていく。

しばらく歩いて、ふと立ち止まる。おかしい。地図では前方にへんろ道が続いているはずなのに、実際に道がなかった。というか、なくなっているようだった。

左手には大きな高架道路が走っている。この高架道路は、おそらく近年に新しくできた国道56号線のバイパス線なのだろう。そしてこの周辺もまだ区画整理工事の真っ最中なのかもしれないなと思った。

どう行けばいいのやら・・・。しかしここからどのルートを歩いたかは、よく覚えていない。取り敢えずこのバイパス線の走る方向に沿って行けばいいのだろうということで、キョロキョロしながら歩いたことは覚えている。

やがて本来の国道56号線に合流し、土佐くろしお鉄道の平田駅近くまで来た。39番延光寺まであと2kmほどである。さすがに疲れて、その近辺のバス停で小休止。時刻は15時30分頃。

自販機のコーラでのどを潤し、再出発。そして56号線から右に折れ、延光寺へ続くへんろ道を進んでいると、やがて民宿が立ち並ぶ一帯にやってきた。その中に今日の宿である「民宿へんくつ屋」が右手に見えた。あぁここかぁと、思わずへんくつ屋の看板を見入る。

延光寺はもう目と鼻の先にある。リュックを置かせてもらって、身軽に参拝しようか。しかし、今日は宿の玄関に入ったら、もう出て行くのが嫌になりそうな気もする。お寺はすぐ近くなんだからこのまま行こうと、へんくつ屋の前を通り過ぎた。

そして無事39番延光寺に到着。時刻は16時過ぎ。参拝・納経を終えて、改めてへんくつ屋へ向かう。

玄関に入ると、かなり年配の老夫婦が出迎えてくれた。そしてご主人のほうが、

「アンタ、どこから来たんや?」
「ハイ、大阪からです。」
「あぁ、アンタのことか、大阪から来るっちゅうてたんは・・・。」
「・・・・は?・・???・・・」

何のことだかわからず、怪訝に首をひねっていると、

「昨日泊まったおへんろさんがナ、今日もうひとり大阪からおへんろさんが泊まりに来るはずやて言うてたんや。」
「はぁ、そうですか。」
「その人も大阪の人やったけどナ。」
「はぁ、、、、、あ!、、、そうや、ハイハイ!わかりました!」

そう言えば、今回の年越しへんろへ出かける際、大阪からの夜行バス乗り場前で会った小柄で白髪交じりの年配男性のことを思い出した。

その男性と乗客待ちしている間、その男性が延光寺では門前のへんくつ屋に泊まるという話を聞いていて、正月も営業しているんなら私もお世話になろうかなぁなんて話をしていたのである。

うん、きっとあの人に違いないな。そうかぁ、あの人も元気に歩いているんだなぁ。そうかそうか。人の良さそうなその男性の柔和な笑顔を思い出し、私の顔も思わずほころんだ。

今日は朝からの雨で大変な一日だった。その男性も今日は私と同様にずぶ濡れだっただろう。今日一日ほとんど誰とも出会わなかったが、同志が一人いてくれたかと思うと、何だか心癒された気がして、とてもいい気分になった。





posted by こうへい at 01:53| Comment(10) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高架道路と絡むようにへんろ道が走って(歩いて?)いるのですね。
その点は分かりやすいですが、へんろ道が消失するとはね。同行二人
の地図は2年に1回改訂されるらしいので最新情報が欲しいです。

四国地元の人にとっては何の変哲もないへんろ道でも都会近辺の道
に比べれば樹々が多くて自然の中にいるんだという喜びを感じます。
この春は行かなかったが、秋には続きの区切り打ちを再開すべく、
週2回くらいは横浜市内を砂袋を背負って体力維持に勤めているの
ですが、排気ガスを避けて裏道を歩いても、どこに行っても住宅が
密集しています。その意味で四国の山間は別世界です。
Posted by よし男 at 2009年05月13日 21:36
◆よし男様
へんろ道がなくなってたといっても、2年以上前のことですからね。
今はまたちゃんとあるかもしれませんよ。
最新の地図では、この近辺のへんろ道がどうなってるか気になるところです。(ちなみに私の持ってる地図は第7版です。)

もしこうなってるよってことをご存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞお教えくださいませ。

ところですみません、最近、更新が遅れ気味で・・・。(汗)
他にいろいろやることもありまして。
ブログを書き始めてもう1年経ちますのに、まだ行程の半分も書けてません。よし男さんがおへんろを再開される秋までに、なんとか全部書き終えたいのですが、、、、、。

頑張るであります!!
Posted by こうへい at 2009年05月14日 23:06
私の持ってる地図も第7版です。一度うっかり雨に濡らしてしまい、疲れ気味
です。しかし書き込みは大切な記録でもあります。
松山市以降は81番まで区切り打ちを終えているので、特に急ぎません。
今年の秋を含めて結願には来春までかかる予定です。
Posted by よし男 at 2009年05月15日 11:18
◆よし男様
>松山市以降は81番まで区切り打ちを終えているので、特に急ぎません。

そうでしたか。、、、ってことは、まだ45番岩屋寺とかはご存知ないんですね。あそこへ至るルートもなかなかエキサイティングですよ。

わかりました。急がず焦らず、自分のペースで書いていきますね。
Posted by こうへい at 2009年05月16日 10:17
<真念遍路道> を検索したらすぐにヒットしました。

5月の連休に<真念庵>から<宇和島>までを区切り打ちする予定です。
四十過ぎのおばさんで、一人歩きのため不安で、真念遍路道の情報を集めてます。
山道について具体的で、宿についても参考になりました。

これからもお邪魔させてください。ぺこり。
Posted by ももぶどう at 2011年03月02日 22:46
◆ももぶどう様
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
コメントありがとうございます。

5月の連休に<真念庵>から<宇和島>まで、ですか。イイですねぇ。
真念遍路道もそうですが、もっとも気をつけるべきは、なんちゅうても高知と愛媛の県境「松尾峠越え」ではないかと思います。
このあとの記事を読んでいただければおわかりかと思いますが、文旦がいっぱい実る山中で、私、ドえらく迷ったんですよ。ホンマに大変でした。

でも私の記事が参考になったりしますやろか、、、。私が真念遍路道を歩いたのはもう4年も前のことですからねぇ、、、。

女性のひとり歩きということで、男の私より何かとご苦労も多いんじゃないかと思います。
そうそう、ももぶどうさんにご紹介したい方がひとりいらっしゃいますよ。その方も女性で、現在ひとり歩きの区切り打ちをされている方でしてね、年齢もももぶどうさんに近いんじゃないですかね。

その方もネ、、、クククッ、(^/^)、、松尾峠でネ、、、、クククッ、(^/^)、、、ドえらく迷った方なんですよ。ククククッ、(^/^)、、ガハハハ、、、(^Q^)(^Q^)(^Q^)

ということで、彼女のブログもちょっと覗いてみてください。下記URLからどうぞ。

http://harikiriq.exblog.jp/


Posted by こうへい at 2011年03月03日 23:25
ただいまご紹介にあずかりました、はりQでございます。テヘ。

えらいすんません。紹介してもろて…恐れ多いこってす。

てか、笑ろてるやん!コラッ!
Posted by はりQ at 2011年03月06日 11:01
◆はりQ様
こ、これは、あいスミマセンでございます。お許しあれぇ〜。

し、しかし、、これが、笑わずに、、クククッ、、おられましょうや、、クククッ、、、(必死の我慢)
Posted by こうへい at 2011年03月06日 12:19
☆こうへい様

ふと、ブログにお邪魔して、はりQさんをご紹介して頂き(なんかお見合いみたい)とても面白いブログに笑い、こうへいさんとはりQさんの漫才!にまた笑い、なんかこのブログに導かれたようです。

はりQさんのブログから、私のところへ飛んで来てくれた方がいて
昨秋、同行した方のお仲間だったようで、なんか〜縁?円?を感じますね。

今まで、コメントし合う事がなかったので、
このところ、四苦八苦しながらも楽しんでます。
なんせ、いつまでも若葉マークで…

<きがくぶろぐ>にアクセスできてよかった♪


Posted by 桃ぶどう at 2011年03月07日 23:15
◆桃ぶどう様
><きがくぶろぐ>にアクセスできてよかった♪

いやぁ、そんなふうに思っていただけるなんて・・・。
なんだか私も嬉しくなってしまいます。

はりQさんのブログから飛んで来てくれた方って、とっとさんですよね。
その方、私も存じておりますよ。お会いしたことはないんですけどね、いい人であることには間違いないです。
何度か私のブログ記事にもコメントいただいてますしね。

私は一巡しただけですけど、とっとさんは確か2,3巡はされているはずです。(そのうち一回は逆打ちだったような・・・)。
ということで、とっとさんにもいろいろと教えていただいてください。おへんろ知識は私より断然豊富なはずですから。

またお暇がありましたらいつでもお越しくださいね。私、忙しくてコメントの返事が遅れることも多々ありますが・・・(汗)。
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by こうへい at 2011年03月08日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。