☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2009年04月24日

四国へんろ【105】 雨の真念遍路道 その1

2007年1月2日(火) 6時過ぎ起床

モソモソと起きだし、食堂へ下りていく。そして朝食。そのときのご主人との会話である。

「延光寺までどの道で行くの?」
「ハイ、真念遍路道を通って行こうかと思ってます。」
「真念遍路道かぁ・・・。あの道はねぇ・・・。」

意味深なニュアンスに、ん??と思っているところへ、お手伝いさんらしい若いお兄ちゃん(ご主人の息子さんかも?)も話に加わってきた。

そして2人が口を揃えて言うには、真念遍路道はどうやら道に迷う人が多いらしいということで、詳しく聞いてみると、峠(地蔵峠)を越えてから、ふもとの国道まで下りるのに「どこなんだ、ココは?」みたいなところへ下りてしまったという人の話をよく耳にするということだった。

私はそれを聞いて、ふと自分が26番金剛頂寺から山道を下っているときに思いっ切り道を間違えたことを思い出した。

あの時は、そう、ドシャ降りの雨に散々泣かされたんだよなぁ・・・。まぁでも今となってはいい思い出だけど、、、、と、かすかに頬がゆるんだ。

しかし、ふと我に帰るや、すぐ側にある玄関の扉の向こうがなんとなく気になった。食事の手を休め、立ち上がって、おそるおそる扉を開ける。

外は、、、ナント、、、雨、、、   アチャ〜、雨かぁ、、、、。

ゆるんだ頬が一瞬に固まった。アレは確かにいい思い出ではあるが、二度と繰り返したくはない思い出でもあった。

朝食を終えて精算し、部屋に戻って身支度を整える。そしてポンチョをかぶり、ご主人とお兄ちゃんの見送りを受けて宿を出た。

幸い、雨はそれほどキツクなかった。ヨーーシ、気を引き締めて行こう。私はそぼ降る雨の中、真念遍路道へ、そして39番延光寺目指して歩き出した。時刻は7時過ぎ。

宿のすぐ近くにコンビニがあった。その前を何気に通り過ぎようとして、ふと足を止めた。そうだ。そう言えば、今日の行程はほとんどが山の中なのだ。店らしい店もないだろう。ここで昼食を調達していこう。

せっかく意気揚々と歩き出したのに、またすぐ菅笠とポンチョを脱ぐのは面倒臭かったが、腹が減っては戦はできぬ。ということで、菅笠・ポンチョを脱いでリュックとともにコンビニの軒先に置き、店内に入った。そしてお握りやソーセージなどを購入。飲みものは、途中に自販機ぐらいはあるだろうと勝手に決めつけて、買わずにおいた。

国道321号線をてくてく歩く。そのうち雨は本降りの様相を呈してきた。マイッタな、こりゃ。しかし思ったほど、、、というより、ほとんど寒さを感じなかったのは幸いだった。さすがは南国・土佐の国である。
(いやでもポンチョが単に防寒着替わりになっていたのかもしれないけれど・・・。)

1時間ほど歩いたところで、これから足摺岬へ向かうご夫婦らしい歩きへんろさんが見えてきた。軽く会釈をしてすれ違う。

さて、そろそろ休憩したいところではあったのだが、この本降りの中、座れそうなところも遍路小屋もなかった。が、少しして、塀と屋根に囲まれた小さなバス停を発見。おっ、ここなら雨もなんとかしのげるぞ。ココで休んでいこう、、、とバス停に入ってひと休み。、、、ふぅ、、、。

バス停のイスに座って、うらめしげに空を見上げる。
しかしよく降るなぁ。、、、、あ〜あ、、、、。


posted by こうへい at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冬で雨なのに冷え込まなくてよかったですね。しかし東京・横浜が雨でも、四国が雪のこともあって油断なりません。

その迷いやすい場所が気になります。2度目の歩き遍路のときは、布ひもで目印を付けてみたいと思っております。

休憩するために座れそうなところは意外と少ない区間がありますね。(香川県は多いので「別格」。県の遍路文化に対する気概を感じます。) 森・林の中に丸太で作ったベンチ状のものを見つけても朽ち果ててとても座れないこともあります。「へんろみち保存協力会」のこのあたりの地図を見ていると、果たして人が住んでいるところだろうか?と、他の場所も同様ですが、不安になります。秘境探検ではないので全くの無人地帯は歩きたくないです。
Posted by よし男 at 2009年04月24日 22:26
◆よし男様
高知県は、確かに四国4県のなかで、へんろ小屋が一番少ないように思いました。
しかし高知県は、それがある意味「修行の道場」と言われる由縁のひとつかもしれませんね。

その迷いやすい場所は、またのちに本文の中で書きますので、もう少々お待ちくださいませ。
Posted by こうへい at 2009年04月25日 16:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。