☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2009年04月02日

四国へんろ【100】 38番金剛福寺にて

日の入りを見送ったあとも、私は展望台でしばらく足摺の海を眺めていた。

しかしホントにサプライズだった。ここから初日の出を拝もうという目論みはあったものの、まさか年内最後の日の入りの瞬間に立ち会えるとは・・・。
そう言えば、室戸岬の手前で素晴らしい日の出を拝んだあと、その日の夕方に日の入りも拝むつもりが足指の痛みでリタイアして帰っちゃったんだよなぁ。

その次の区切り打ちで室戸岬へ来たときも、連日の雨続きで結局見れなかったし・・・。しかし今こうして、またとない瞬間に立ち会えた。これもお大師さまの粋な計らいかもしれないなぁ。ありがとう、お大師さま。

やがて辺りは一気に暗さを増し、少々寒くなってきた。さ、宿に向かおう。私はゆっくりと歩き出した。

真正面に今日の宿「あしずり旅館双葉」の看板が見えた。そして右手には38番金剛福寺が・・・。金剛福寺の山門前には何軒かの夜店が並んでいた。初詣の準備に忙しそうだった。

さて、納経時間もとっくに過ぎており、金剛福寺へは明日元旦の朝に参拝予定である。このままスンナリ宿に向かってもよかったが、無事の到着を感謝しておこうと、私は金剛福寺の山門をくぐった。

境内の中もお正月準備に忙しそうだった。そして正面に本堂、左手に大師堂があり、それぞれに静かに手を合わせる。

境内の周囲にはたくさんの提灯が飾られていた。そのひとつひとつのほのかな明かりが、何とも言えない心の安らぎを感じさせてくれる。私はほんわかと気分良く、納経所横の売り場などをゆっくり見てまわったりした。

そして納経所の前に来たとき、窓口のなかにいた50代ぐらいの女性とふと目が合った。その女性の微笑みに、私も微笑返し、軽く会釈をしてその場を過ぎようとしていた。

そのときだった。女性がにこやかに私に声をかけてきた。

「納経しましょうか?」
「、、、えっ! あ、ハイ、あのぅ・・・」

納経時間はとっくに過ぎている。にも関わらず、納経してくれるという。ありがたいことではあるのだが、一瞬とまどってしまった。

というのも、先ほど本堂と大師堂で手を合わせたとは言え、感謝の気持ちで軽く手を合わせただけで、般若心経などの読経はあげていない。つまりまともな参拝をしていないのだ。それにそもそもは翌日にちゃんと参拝して、1月1日の納経記帳を望んでいたのだった。
(かといって、四国88ヵ所の納経帳には日付を記入する欄などないのだが・・・)

しかし私の口から出た言葉は、、、

「・・・・・ホントですか! わぁ、助かります。」

私はそういって納経帳を女性に差し出していた。女性は終始微笑みながら、流れるように筆を走らせている。その表情は、女性の持つ心からの優しさや暖かさがあふれているようだった。

納経料を払い、お礼を言って納経帳を受け取る。それを手に持ったまま、納経所を離れた。

そして提灯の明かりの下で、いま書いてもらった金剛福寺のページを開ける。

あ〜あ、ホントは1月1日にして欲しかったのになぁ。助かりますなんて心にもないことをよく言ったもんだ。、、、、、そう思ったりもしたのだが、すぐに気を取り直した。

考えてみれば、納経待ちの列に並んで、次々と機械的に納経記帳されるよりもずっとありがたいことじゃないか。何よりあの女性は心を込めて書いてくれたのだから。そんな失礼を思うと、バチが当たるぞ、俺。、、と。

とにかくせっかく記帳してくれたのだから、参拝もちゃんとしよう。ということで、私は改めて本堂・大師堂に向かって手を合わせ、女性への失礼を詫びつつ、作法にのっとった読経参拝を繰り返した。

辺りはすっかり暗くなり、夜のとばりがおりていた。そして再度納経所の前を通ってみると、女性の姿はそこにはなかった。

「ごめんなさい。ありがとう。」

私は無人の納経所に向かって軽く頭を下げ、静かにその場をあとにしたのだった。


posted by こうへい at 02:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サプライズの夕日、そして翌日はサンライズの朝日。いいじゃないですか!

年末年始の2日を足摺岬で過ごすとは豪華なものです。でも遠路はるばる
歩いて来たのです。当然の報酬かも。 四国の人でも足摺岬に普通は何度も
行かないようです。釣り客は別ですが。関東に住んでいても、端の町には
行かないままのことも多いのと同じですかね。
Posted by よし男 at 2009年04月03日 13:18
◆よし男様
>サプライズの夕日、そして翌日はサンライズの朝日。

う〜ん、ウマイ! 座布団1枚!!

しかし、何ですねぇ、私も生粋の大阪人なんですが、なにわのシンボル・通天閣へ、いまだ一度も行ったことがなかったりします。
電車の窓からとかは見るんですけどね、、、。
Posted by こうへい at 2009年04月03日 21:45
え、ええ、エ〜〜〜ッ!! 通天閣へはいまだ?!
次回行かれたときは、とんがり頭のビリケン様の足裏を
なでて、健脚をお願いしましょうね。
Posted by よし男 at 2009年04月03日 23:19
◆よし男様
そないに驚かれては・・・。

通天閣には、とんがり頭のビリケン様がおられるのですね。
わかりやした。行ったら必ず足裏をなでてきます。

、、、って、いつ行くんやろなぁ、、、、
Posted by こうへい at 2009年04月04日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。