☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2009年01月08日

四国へんろ【75】 第4回区切り打ち終了

2006年9月18日(月・祝) 6時30分起床。

さて第4回区切り打ち3日目最終日の朝である。
窓の外を眺めると、ナント晴れ間がのぞいている。おぉぉーーー! 天気予報が、、、はずれてくれたか!。ヨッシャー!

実は、今になってちょっと思い出したのだが、このときお四国には台風が近づきつつあったのである。昨日までの大雨は、その影響も多々あったかもしれない。しかしその台風であるが、夜の間に大きく向きを変え、九州方面にそれていってくれたのだった。

7時からの朝食後、そそくさと出発準備を整えて玄関に向かう。そして靴のなかからゴソゴソと新聞紙を取り出した。昨夜寝入る前に、再度乾いた新聞紙と入れ替えておいたおかげか、あのグショ濡れだった靴がいい感じで乾いていた。

宿のおばあちゃんの見送りを受け、外に出る。なんてすがすがしい朝なんだろう。頭から足の先までさっぱりして、なんとも気分が良い。そして意気揚々として歩き出す。取り敢えず今日は、昼頃までに行けるところまで行って、適当な駅から電車に乗って帰る予定である。

浜吉屋の前の道からちょっとして国道55号線に合流し、やがて見えてきた雄大な太平洋を左手に眺めながら海岸沿いをテクテク歩く。ただ海からの風が少々強かった。菅笠が飛ばされないように指で笠をつかんだまま歩いていく。

しばらくしてふと空を見上げると、なんとなく雲行きが怪しくなっているのが見てとれた。

まさか降るんじゃないだろうなぁ、、、、昨日散々降ったんだから今日はやめてくれよ〜

、、、、と思っていたら、、、、ポツ、、、、、ポツ、、、、、と細かい雨が・・・。
おいおい、やっぱりかよぉ、、、とボヤいているうちに、ザーーーッと一気に降り出してきた。、、、、なんでやねん、もう!!、、、、。

とにかく雨宿りだということで、前方に見えたとある建物の軒下に駆け込んだ。そしてあ〜あと思いながら、恨めしそうに空を見上げる。もうエエ加減にしてくれよぉ、おてんとさんよぉ・・・。
しかしこの雨はいわゆる通り雨だったらしく、徐々に雨足が弱まってきたかと思ったら、その後はピッタリと止んでくれた。

軒下を出て、再び海岸沿いの道をテクテク歩き出す。そして2度ほど休憩を入れて、やがて安芸市の中心街に入った。
安芸市と言えば、阪神タイガースの春のキャンプ地として有名である。練習場となる安芸市営球場の近くも通ることになりそうだ。大阪生まれの大阪育ちで、当然に阪神ファンの私である。ぜひその球場にも寄ってみよう。

、、、、、、と思っていたのに、ごめん・なはり線の球場前駅の近くへ来たときに、そこに立っていたへんろ標識に素直に従って、そのまま海岸沿いのへんろ道に入ってしまった。
そして、はて?球場はどこ?と思ったときには、すでに球場近くからけっこう離れたところまで来てしまっていた。まったく大ボケもいいところである。がっくり肩を落とす。

ちょっと戻ろか、、、、けど、時間のロスにもなるしなぁ・・・球場の中に入れるわけでもなし・・・まぁいっかぁ、、、ということで、先へ歩いていくことにした。

やがて番外霊場・極楽寺を過ぎ、赤野の休憩所でひと休み。けっこう広い休憩所である。ココで地元の人らしいおじさんから話しかけられ、一言二言の言葉を交わした。

このときであるが、どこから来たのかと問われて、何を思ったのか「ハイ、神峰寺のふもとの宿から。」と答えてしまった。ポカーンとしたおじさんの表情が忘れられない。本日2度目の大ボケだった。誠にお恥ずかしい・・・。

その後も海岸沿いを快調にテクテク歩き、12時前にごめん・なはり線の和食(わじき)駅前に来た。

ヨシ、まぁいい時間かな、、。うん、今回は取り敢えずここで打ち止めにしよう。

ということで、和食駅から電車に乗り、後免(ごめん)駅でJRに乗り換え、阿波池田経由で徳島に向かった。

ホントは高知駅からの高速バスで帰りたかったのだが、今回のおへんろに出る前の予約の段階で高知発大阪行きのバスは満席で取れなかったのだった。

そして夕刻には徳島駅に着き、そこから高速バスで大阪へ向かう。

最終日は結局、赤野の休憩所で地元のおじさんと言葉を交わしただけだったが、心地よい晴天にも恵まれ、気持ちよく歩けた一日だった。
まぁ初日2日目と、散々な雨に泣かされたが、良き出会いに恵まれ、というか助けられ、予定通りに土佐のまったてを踏破することもできた。

実質1日半ぐらいの短いへんろ行ではあったが、人間の暖かさ優しさを感じた、とても思い出深い第4回目の区切り打ちだった。


posted by こうへい at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここの、ごめん・なはり線は高架になっていて、なにか奇妙な印象でした。
これは津波を警戒しての構造なのでしょうか?? 駅に登るのが年寄りには
きついから、あまり利用されない、と地元の人が言ってました。
極楽寺は地図上では大きなお寺さんのように表示されていたのですが、実際
にはこぢんまりしていて見過ごしました。このあたり、タイガーズがキャンプ
を張らなければ人が来ないのではないかと思われる雰囲気でした。「童謡の里」
として知って欲しいとの思いが所所に書かれていましたね。 あ、そうだ!
きれいな海岸があるか! でも、海の水深が急に深くなり危険なので、水泳
が禁止されている海浜が広いらしいですね。日曜日なのに人出が少なかった。
Posted by よし男 at 2009年01月10日 01:16
◆よし男様
和食駅をご存知でしたか。
そうでした、そうでした。ホームに上がるまでの階段がけっこうキツイんですよね。思い出しました。

極楽寺は、言ったら悪いんですが、なんかこう、ちょっと廃れたような印象がありました。なんか寂しかったですね。
Posted by こうへい at 2009年01月10日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。