☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2008年12月29日

四国へんろ【69】 地獄で仏

金剛頂寺からもうかなり山道を下ってきていた。途中、海岸沿いに走る国道55号線もけっこう近くに見え隠れしていた。

、、、なのに、ココで行き止まりとは・・・。

膝から下は完全にズブ濡れである。冷たい雨に打たれて、もう半泣き状態だった。そしてそれに合わせるかのように雨足はさらに強まり、やがてドシャ降りになってきた。

おてんとさんよ。アンタも泣いているのか。そんなに泣かないでおくれよ。そんなに泣かれるとこっちが辛いんだ。そう思いながらトボトボと山道を戻り始める。

ホントなら15分ほどで国道55号線に下りられるはずだった。しかしそれ以上の時間はもうじゅうぶん経っている。
今日は27番神峰寺まで打つつもりだったのに、これだけ道に迷っては、果たして今から間に合うかどうか。何しろその距離は金剛頂寺から30q近くもある上に、神峰寺に至る最後の山道には、「土佐のまったて」と呼ばれるだけの長く険しい急坂が待っているのだ。

とにかくへんろ札を見つけるまで来た道を戻ろう。それがおへんろで道に迷ったときの鉄則なのだ。上り坂だけど仕方がない。戻るしかない。戻るしかないんだ。
そう強く言い聞かせながら、山道を上り続ける。しかし上り坂はただでさえ辛いのに、このドシャ降りの中ではいっそう辛い。

そしてしばらく歩いていると、前方に白い軽トラックが停まっているのが見えてきた。またその脇の小さな田畑には、このドシャ降りの中で何やら軽作業をしている年配夫婦の姿があった。間違いなく地元の人だろう。この道を下りているときには見かけなかったが、とにかく道を尋ねられる人に出会えたことにホッとする。

その年配夫婦も、ずぶ濡れになりながら山道を上ってきた私を見つけるや、二人して腰を上げ、茫然とした視線を私に向けているのがわかった。そして二人に近づくと、ご主人のほうから私に声をかけてくれた。

「エライとこから登ってきたなぁ、、、、。」
「すんません。ちょっと道間違えてしもて・・・。下へ降りたいんですけど、どう行ったらいいんでしょうか?」
「う〜ん、そうやなぁ・・・・。」

ご主人は下を向いて少し考えている。どうもかなり道をはずれているようだった。そしてご主人は顔を上げるや、「ヨシッ、わかった。にいちゃん、車に乗りっ!」と言ってくれた。どうやら私をあの赤いへんろ標識があるところまで送ってくれるというのだ。

ホントはしんどいながらも歩いていきたかったが、この状況でそのありがたい申し出を断ることなどできなかった。ココは地獄というほどのものではないが、まさしく地獄で仏に出会えたようなものなのだ。心から感謝してお世話になろう。
しかし、このズブ濡れではとても助手席には座れない。ということで、うしろの荷台に乗せてもらうことにした。

やがてゆっくりと軽トラは走り出す。山道ゆえに揺れも激しい。落っこちないようにしっかりと荷台につかまる。そしてウネウネと山道を進み、2〜3分ほど走ったところで軽トラは停車した。車で2〜3分といっても、歩けばけっこうな距離に思えた。
そしてご主人が、

「この道をまっすぐ行ったらおへんろさんの標識があるワ。」
「そうですか。助かりました。ありがとうございました。」

そう言って荷台から降り、深々とご主人に頭を下げた。そして戻っていく軽トラを見送りながら静かに手を合わせる。

そこから少し歩くと、ご主人の言った通り、あの赤いへんろ標識が前方に見えてきた。そのときの嬉しかったことといったら・・・。
おそらく心からホッとしたのだろう。年甲斐もなく、思わず目頭が熱くなったものだった。


posted by こうへい at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>おてんとさんよ。アンタも泣いているのか。そんなに泣かないでおくれよ。

もう、演歌調ですね。読んでいるだけでつらくなってきます。どしゃ降りと登り
道・・・ ポンチョでよかったです。レインコートは結構内部が蒸し蒸しして
真冬でないかぎり耐え難いです。
さて今夜の宿はどうなるのだろう? どうかがんばりなはり!
Posted by よし男 at 2008年12月29日 10:26
◆よし男様
>もう、演歌調ですね。
私、子供の頃からけっこう演歌も好きでしてね、初めてイイ曲だなぁと思った歌は、小学校低学年のときに聴いた、千葉紘子さんの「折鶴」でした。

いま年末年始の休みに入ってけっこう時間もあるので、ちょっと頑張って更新しますね。
Posted by こうへい at 2008年12月29日 17:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。