☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2008年10月31日

四国へんろ【53】 愛すべきA君 その5 

A君といっしょにやって来たもう一人の歩きへんろさん。京都から来た50代ぐらいのおじさんで、この人も野宿へんろをしている人だった。そしてその顔は秋田のなまはげによく似ていた。
(以後この人を「なまはげおじさん」と表記する)

お接待所まで来たA君となまはげおじさん。そして仲代おじさんが朗らかにA君に話しかける。

「やぁ、またお会いしましたねぇ。」
「あ、どうも、お久しぶりです。」
「お久しぶりって、昨日会ってたじゃないか。アハハハ。」

一同、大爆笑である。頭をかきながら一人照れ笑いをするA君。さぁ座って座ってと促し、4人でテーブルを囲んだ。

A君といっしょにやって来たなまはげおじさんが言うには、A君があまりに痛々しそうに歩いているのを見て、見るに見かねてほっとけず、一緒に歩いてきたらしい。

そしてA君の話題でその場はおおいに盛り上がった。
しばらくして時計を見ると、もう17時になろうとしていた。宿の夕食時間に遅れてはマズイ。ということで、そろそろ行こうということになった。

そして私とA君がリュックを背負って立ち上がると、仲代おじさんがA君をオイオイと呼び止めた。見るとA君のリュックの背負い方がおかしいという。

そして仲代おじさんは立ち上がり、「ホントに君はほっとけんやつだな。」とつぶやきながら、A君のリュックの位置や腰周りのベルトの長さを調整し始め、ついでに肌けた白衣から菅笠の紐の結びまできちんと整えなおす。まるで花嫁さんに着付けをしているかのようである。

そしてA君を囲んで両サイドに私となまはげおじさんが立ち、ほかにおかしいところがないかチェックする。A君は真ん中でなすがままの状態で立っている。
その光景がなんとも微笑ましく見えたのだろうか。車道で信号待ちをしている車の中から、幾人もの人がニコニコしながらこちらを向いているのが見えた。

「ヨシッ、これでOKだ。どうだ。肩が楽になっただろ?」
「ハイ、すごく楽になりました。ありがとうございました。」

そこで仲代おじさんとなまはげおじさんとは別れ、私とA君は内妻荘に向かって歩き始めた。

しかしやはり足が痛そうなA君である。次第に私との距離が離れていく。私は何度も振り返っては、「頑張れ頑張れ!」と仕草でA君にエールを送る。

やがて八坂トンネルを抜け、少し進んだところで左前方に海が見えてきた。四国へんろに来て、初めて見る海である。
そして私は振り返り、トンネルを抜けてきたA君に、海を指差しながら大声で叫んだ。

「おーい、Aく〜ん、海やー!海が見えるぞーー!もうちょいやー!頑張れー!」
「ハ、、、ファ〜イ・・・」弱々しくもなんとか返事をするA君。

内妻荘はもうすぐそこだった。


posted by こうへい at 00:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花嫁さんの着付け…わはは(∩.∩)
なんだかいいなぁ。ほんわかしたムード。
それもおっちゃん(←親しみ込めての意ですぞ!)ばかりでの着付けってーのが
ほほえましゅうございますな。(★ ̄∀ ̄★)

山道やら延々アスファルト道やらを歩いてて、海が見えるのってカンゲキやろなーって思います。
室戸への道が楽しみだー
Posted by はりQ at 2008年10月31日 12:54
◆はりQ様
いやいや、着付けと言えば、花嫁さんしか思いつかなくてですね、ハイ。
別にA君が女っぽいとかゆうことは、全然ございませんでして・・・。

室戸への道、楽しみでっしゃろ。
けどね、海がはじめて見えたときは感激しましたけど、それからはずーーーーーーーーーーっと、右手に山、左手に海、っていう景色が延々続くので、たま〜に山道が恋しくなってきたりもします。
しかし歌を歌いながら歩くには、絶好かもしれませんナァ。
Posted by こうへい at 2008年10月31日 23:21
こりゃまた大人しく従ったA君ですね。
私なら、そこまでされなくても修正点を教えてくれれば、
それでいい、自分でやります、とか言いそうです。
心底疲労して、そんな意地を見せる余力がなく、
素直になったのか、もともと素直な性格なのか?!

ところで「なまはげおじさん」とは、なんとも
きっつい命名ですね。  対して私は、おそらく
「乾(かわ)はげおじさん」になっちゃうかな?
こちらは、うっそうとした毛がないのでね。
のども渇いたし、
ああ、アイスクリーム食べたくなった。
どんなアイスクリームかって?
「ハーゲンダッツ」だっつうの!!

いよいよ、遍路、すなわち僻地の路になるのですね。

Posted by よし男 at 2008年11月02日 01:33
◆よし男様
A君ですが、もともと素直な性格なんだろうと思います。
ホントに放っておけない愛すべき野郎でございました。

なまはげおじさんもネ、この人もホントにイイひとだったんですよ。
のちにこのなまはげおじさんとのおもしろエピソードもありまして、それもいずれ書こうと思ってますので、楽しみにしておいてください。

なまはげおじさんの命名に関しては、当のご本人が、私のブログを読んでいないことを、そしてこれは自分自身だとは気づいていらっしゃらないことを、ただただ祈るばかりでございます。(汗)

しかしよし男様、食べたいアイスがハーゲンダッツって・・・。(笑)
とても真面目な方かと思いきや、お茶目なところもお持ちだったんですねぇ。


Posted by こうへい at 2008年11月02日 11:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。