☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2008年10月21日

四国へんろ【50】 愛すべきA君 その2

A君は腰掛けるなり、小さな本を取り出した。それは一般に書店で市販されているような四国88ヵ所のガイド本だった。

「あれ、同行二人の地図、持ってへんの?」
「ハイ、これで十分ですから。」
「ふーん、ところでA君、今日はどこに泊まるの?」
「ハイ、内妻荘ってところです。」
「え!内妻荘!俺も俺も。」
「え、そうなんですか。」

A君にとって、今日一日に歩く距離としてはあまりに短い。が、足の痛みがキツくて、ちょうど私に追いつかれる前に内妻荘に電話予約したとのことだった。ホントに偶然だった。

「でもA君は偉いなぁ。僕がA君ぐらいの年のときに、おへんろなんてことは考えもせんかったよ。」
「そうなんですか。こっち来てみたら、けっこう若い人も多いから、普通かなと思ってました。」
「う〜ん、まぁそうゆうたら、今回は若い人によく会うなぁ。まぁ夏休みの時期やからかな。」
「今回って、もう何回もまわってるんですか?」
「いや僕は会社員やからね。通し打ちなんかできへんのよ。で、区切ってまわってるってことでね、今回が2回目、いや3回目の区切り打ちかな。」
「あ、そういうことですか。」
「でも、君はそんな若さで、なんでおへんろなんかしようと思ったの?」

その問いかけにA君は少し間を置いて、

「えぇ、ハイ、僕なんですけど・・・・。僕、これまで苦労という苦労をしたことがないんで、、、」
「え?苦労?」
「それでこれじゃダメだと思って、、、」
「それで四国に来たの?」
「ハイ。」
「苦労なんか、大学卒業して社会に出たら、いくらでもできるのに・・・」
「・・・・・・」

私はふと自分の学生時代を思い出した。当時、私も親元で暮らし、苦労の「く」の字も思い浮かんだことはなかった。いや、でも大学へ入るのに2年も浪人したから、アレは苦労と言えば苦労になるのか、、。いやいやそんなことは苦労にならない。

大学4年間は好きなことに熱中して、青春を謳歌したものだった。自分をダメだとも、いいとも、考えたことがなかった。

それをA君は、この若さで今の自分から脱皮しよう、自分を鍛えようとしてこのおへんろに来ている。そう考えると、私の学生時代とはエライ違いだ。この子は当時の私より精神的にずっと大人なのかもしれないなと思った。

「しかしA君ナ、おへんろの苦労と社会に出てからの苦労は違うんやデ。おへんろは、対お大師様、対へんろみちやけど、社会は、対人間やからナ。」
「ハイ、、、」
「お大師様は、行ったら必ずそこにいてくれはるやろ。裏切らんし、優しいし。けどナ、人間はそこにおらんこと多いんよ。自分勝手なやつも多いしナ。」
「僕が前にバイトしてたところにも、自分勝手なやついましたよ。」
「まぁどこにでもおるわナ、そんなやつは。けど君はホンマ偉いワ。その若さでおへんろして、自分を鍛えようとしてるんやから。お大師様も必ず君に応えてくれるよ。」
「頑張りますよ!」
「けど君には注意点があるデ。」
「何ですか?」
「ペース配分やがな。昨日と今日とで大違いやん。」
「フフフフ(微笑)、、、。」
「笑い事ちゃうデ。もっとよう考えて歩かんと、パンクするんちゃうか?」
「そうですね。ちょっと昨日は無茶しすぎました。」
「お金はちゃんと持ってきてるの?」
「10万くらい持ってきてます。」
「10万!。10万て、そんなんけっこう節約したかて2週間ぐらいしか持たへんやん。通し打ちは1カ月以上かかるんやデ。」
「ですから、できるだけ無料宿とか野宿しようと思ってます。」
「いや、そやけどやナ・・・。」

なんだかA君が大人なんだか子供なんだかわからなくなってきた。


posted by こうへい at 00:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遍路歩きの苦労と人間関係、仕事関連の苦労は異なりますね。
それでも遍路歩きの経験から実生活に役立てられることは
結構あると思います。がんばりとか、継続が生む結果とか、
無理のない忍耐力とか・・・・

無銭での歩きへんろは理想的ですが、現実には難しいですね。
特に食料は、お接待に頼っては無理でしょう。宿泊は野宿で
済ましている人がかなりいるそうですね。入浴(水浴び)
が、しかし思うようには出来ないです。しかし覚悟していたと
はいいですね!現金は少なめにして郵便局で適宜引き出すのが
安全ですね。(コンビニATMは四国では普及が遅れている)

ペース配分は、ほんとうに大切です。無理すると体は疲労回復
を最優先課題として動かなくなるようです。

Posted by よし男 at 2008年10月24日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。