☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2008年10月07日

四国へんろ【45】 希望の朝

空を見上げると、ほんのかすかに青みがかっているのがわかった。そしてその青みは空を見上げるたびにどんどん増していった。
しばらくして視界も広がり、杖で前方を払わなくてもよいほどに道が見通せるようになってきた。

心は踊り、胸も弾んでくる。来たぞ!。来たんだ、夜明けのときが!。
そして昔懐かしいメロディが頭の中に流れてきた。


♪〜あ〜た〜らし〜い〜 あ〜さが来た き〜ぼ〜うの あ〜さ〜だ 〜♪


夜明けのとき、、。日々当然のように繰り返されるこの自然現象に、これほど感動したことは一度もなかった。これもおへんろしていればこそ、味わえたことなのかもしれない。

やがて小さな橋を渡り、T字路に突き当たった。上には大きな車道が流れている。それは国道55号線だった。
その突き当たった道端に腰を下ろし、地図を広げる。時刻は5時頃。真夏の夜明けは早くて、その時間には地図をなんとか読み取ることもできた。

そして地図を見ると、ここまでは確かに道なりに一本道だったが、ところどころに枝道もいくつかあったようだ。しかしあの真っ暗闇の中で、よくその枝道に迷い込まなかったものである。薬王寺に着いたら、そのことも合わせて感謝しなければ・・・。

しばらくの小休止後、国道55号線に出、ほどなくして左手にへんろ小屋が見えてきた。先ほど休憩したばかりだったが、取りあえずここでも一息入れようと中に入った。

早朝なので車の流れもまばらである。チュンチュンと鳴く小鳥のさえずりが耳に心地よい。ふと目をつぶるとそのまま眠ってしまいそうだった。

再び気合を入れて立ち上がり、薬王寺目指して歩き始める。

何の変哲もない国道沿いの道。長く伸びた一直線の向うから一台の車が向かってくるのが見えた。
と思いきや、私の後ろから「おはようございます!」の元気な掛け声とともに、一台のサイクリング車が風のように私を追い抜いていった。それは自転車へんろさんだった。

こんな早朝から物好きな・・・と、自分に重ね合わせながら苦笑い。この長い一直線の道を、その自転車へんろさんは、見る見るうちに遠ざかっていき、やがて見えなくなった。やっぱり自転車は早いなぁ、、、。

それから約1時間ごとに小休止を入れながら、歩くこと3時間。
薬王寺の手前2qぐらいまで来たときだった。一台の軽トラックが私の眼前で急停止。助手席の窓がスーッと開いた。

ちょっとビックリしながらも中をのぞくと、運転手席のおじさんが、「薬王寺までもうちょっとや。頑張りや!」と言って左腕をいっぱいに伸ばし、冷たい缶コーヒーを差し出してくれた。お接待である。

「え?あ、ハイ!ありがとうございます。」

そういって受け取るや、軽トラのおじさんは、あっという間に走り去っていった。
思わぬ突然のお接待に感謝感謝である。

それからほどなくして右手にローソンがあった。時刻は9時頃。早朝というか真夜中から歩き始めて、腹もそうとう減っていた。ここでパンでも買って薬王寺で食べよう。そしてサンドイッチとほかに菓子パンを2つ購入。飲みものは、先ほど軽トラおじさんがくれたお接待の缶コーヒーである。

やがて薬王寺の大きな看板が見えてきた。ここまで来ると人通りもかなり賑やかである。
そして薬王寺の仁王門の前に立った。ここが徳島県最後の札所。阿波一国を打ち終える。よくぞここまで来たもんだ。

そのとき私は暑さも忘れ、言葉では言い表せない感慨にふけっていた。


posted by こうへい at 00:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラジオ体操の歌ですな。
ワタシもこれよく歌いましたよ。
おへんろベストヒット10のうち、第3位です。
午前中に限らず昼間でも夕方でも歌います。おそらくノッてきたときに歌うのだと思われます。
因みに前奏から歌います。
Posted by はりQ at 2008年10月07日 10:49
◆はりQ様
前奏から歌えるとは、よっぽどのお歌好きでございますね。

しかし、アノ歌って、、、ラジオ体操の歌、、、でしたっけ?
ラジオ体操第一はよく知ってるんですけど・・・。
アノ歌でラジオ体操をした覚えは、、、、ウムムム、、、。

>おへんろベストヒット10のうち、第3位です。
、、、、ってことは、1位はやっぱり、「とんぼのメガネ」ですか?
そして2位は「さざんかの宿」ですナ。(笑)
Posted by こうへい at 2008年10月07日 21:57
月夜御水庵を過ぎて池が左手にあり、明るいとそこの道しるべ
を見て迷います。その先、国道55号に上がってしまうと国道
沿いに歩き本格的な壁がある木造遍路休憩所を通過し、進まれ
たのはほとんど何も無い山中のルートですね。夜が明けてきて
よかったです。曇りでであればまだまだ暗かったはずです。
日中でもあまり通りたくないルートですよ。簡単に書かれてい
ますが、単調な山の中、人家が少なかったはずで疲れそうです。

いつでも朝のスズメのさえずりは再生のしるし。よく踏破
されました。もしつぎの歩きへんろの機会があれば、へんろ
が比較的多い明るい日中なら、歩いてみてもよいですが、
単独では怖いです。薬王寺は確かに区切り打ちの終点札所に
なりますね。
Posted by よし男 at 2008年10月08日 00:17
◆よし男様
月夜御水庵のあたりって、同行二人の地図を見ると、なんか間違えてあらぬ方向へ行ってしまいそうですよね。
ですからあの真っ暗闇の中で、よく迷わずに55号線までまっすぐ出れたなぁって不思議に思いました。

>薬王寺は確かに区切り打ちの終点札所になりますね。
、、、ですが、私の今回の区切り打ちはまだまだ続きますぞヨ。
Posted by こうへい at 2008年10月08日 22:43
ラジオ体操の歌←勝手に命名してます。ほんとは「希望の朝」って言うんですか…
夏休みのラジオ体操の折、体操会場(近所の公園でしたが)にぱらぱら集まってくる間にかかっている曲でした。6時半からの体操に毎朝5時半には家を出ていた(公園までは3分)ハッスル子供だったワタシ、この曲を聞きながらフツフツと湧き上がるラジオ体操へのやる気を感じずにはおれませなんだ。
Posted by はりQ at 2008年10月09日 10:23
◆はりQ様
調べましたところ、アノ歌の題名は、「ラジオ体操の歌」ということで、勝手に命名が大正解でございました。
はりQさんのおっしゃるように、ラジオ体操が始まる前に、「さぁ、みんなでラジオ体操しましょう!」ってことで、かかってた曲でした。
(今でもかかってるかな?)

とゆうことで、、、ど、、、ども、、、すみませんでした。
あなたが大正解でございます。
Posted by こうへい at 2008年10月09日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。