☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2008年09月24日

四国へんろ【41】 平等寺にて

ここ平等寺は、厄除けの寺として有名である。本堂に向かって男坂、そして不動堂に向かっては女坂と言われる石段が続いており、それぞれに厄年の数だけの段数になっている。そしてまたその一段ごとに1円玉がいっぱい置いてあった。

せっかくだから私も1円づつ置いていこうかとも思ったが、すでに厄年は過ぎてるし、今さら別に必要ないかということで見送ることにした。

本堂・大師堂を参拝し、納経も終えて、広い境内のベンチで一休み。横のベンチには若い男性へんろさんが休憩していた。
そのリュックの大きさからみて、彼も野宿へんろさんのようである。どこから来たのか聞いてみると、北海道からとのことで、思わず目を丸くしてしまった。

しばらくその若者と話していると、ふと若い女性へんろさんの姿が目に入った。

どこかで見覚えがある。そうだ。太龍寺にいた女の子だ。
そして彼女も私に見覚えがあったらしく、目が合うや「お疲れさまです」とにこやかな笑顔を向けてくれた。

そのまま彼女は本堂のほうへ向かい、少しして若者へんろさんも、薬王寺に向けて出発していった。そして一人になった私は、さて今日の宿をどこにしようかと考えていた。

薬王寺までの道中には、由岐まで行かないと宿がない。ここから12km弱の距離である。時刻は15時30分を過ぎたところ。
さすがに今からはキツイ距離なので、取りあえずここ平等寺のすぐ隣にある「山茶花」に泊まれるかどうか聞いてみよう。

そう思って腰を上げようとしたところへ、さっきの若い女性へんろさんが参拝・納経を終えて戻ってきた。

彼女に今夜はどこに泊まるのか聞いてみたら、まだ決めていないとのこと。
ちょっと驚きだった。男ならいざ知らず、若い女性なのに、そんな行きあたりバッタリな子もいるものである。

「ボクは、隣の山茶花に聞いてみて、泊まれたら泊まるつもりです」
「あ、そうなんですか。アタシは・・・う〜ん、どうしよう・・・山茶花かぁ・・・」
「ま、山茶花がダメでも、ちょっと歩いたらJRの駅もあるし、なんとかなりますよ。ボクもそのつもりですから。」
「そうですね。」と彼女はニッコリ。

じゃ、お先にということで、私は平等寺を出、隣の山茶花に足を向けた。

そしてどうか泊まれますようにと願いつつ、山茶花の玄関の扉に手をかけた。


posted by こうへい at 00:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビミョーな時間ですね。由岐までの所要時間を考えると
先に進むべきか、泊まるべきか!
つぎの報告を期待しています!

女性で予約なしの歩きへんろをしているとはオドロキです。
男みたいに無人駅とか壁付きバス停で仮眠もできますまいに?
外人の女性で野宿覚悟で歩きへんろをしている人がいたと
聞きました。これは多分
   「日本はとても安全な国。四国では野宿して巡礼できるそうだ」
と誇張して伝え聞いたからでしょう。

サザンカの宿。へんろの中では結構有名ですが、どうなるかな?
Posted by よし男 at 2008年09月24日 02:45
◆よし男様
そうなんですよね。女の子なのにホント大胆だなと思いました。
そう言えば、81番あたりで女性の野宿へんろさんにも会いましたよ。彼女は日本人でしたけど。
そのことはまたいずれ書きますね。
(先に言ってしまいました、、、汗)

ま、平和な国・ニッポン!ということを世界に誇ろうじゃありませんか。

さて、次はどうなるか、、、って期待されては、緊張するじゃないですか。
このおへんろ記は、あくまでノンフィクションですから、、、ハイ。

いちおうあったことそのまんま書いてますので、また「かな〜って思ってました。」みたいな結果でも、ガッカリしないでくださいませ。(汗)
Posted by こうへい at 2008年09月25日 01:10
>さて、次はどうなるか、、、って期待されては、緊張するじゃないですか。

期待して緊張しますよ。予約なしで宿に行き「すみませんね。今日はあいにく満室で・・」
と言われた瞬間途方に暮れるのですから。先に進んでも野宿できる神社や
公園があるか分からない。 歩きへんろの疲れの半分は、このような
不安と、正しい路を歩いているか確信できないからでしょう。
四国のへんろ道、特に徳島市を出てからは、町中は少ないですね。
Posted by よし男 at 2008年09月25日 20:51
そうですか。それでは早くよし男さんの緊張を解かなければ・・・。

ということで、山茶花に泊まれたかどうかはですね・・・・・・って、もう少しお待ちくださいませ。
ただし、内容は期待通りか否かは謎でございます。(汗)

しかしよし男さんは、野宿もされるんですね
私は2日と持ちません。毎日風呂かシャワーを浴びないとダメなほうです。
Posted by こうへい at 2008年09月25日 23:55
山茶花の宿。
もうさっきからずっと大川栄策がタンス担いで歌とてる図が浮かんで仕方ありません。
平等寺で区切ってきたワタシ。その宿の前を歩きながらずっと歌とてましたもん。さざん〜かぁのぉ〜やぁどぉ〜♪
Posted by はりQ at 2008年09月26日 22:56
◆はりQ様
く〜も〜りぃ ガラスぅを〜 手ぇでふ〜うぅいぃてぇ〜♪

エエ歌でしたねぇ。そして大川栄策のタンス担ぎも懐かしいです。
それを知ってるはりQさん、きっと私と同年代ですナ。(^-^)

しかしあのタンス担ぎは衝撃でしたね。一瞬にして肩の上に担ぎ上げてましたもんね。
初めて見たとき、私は思わず「オオーッ!!」って唸ってしまいました。

そうそう、平等寺で区切られたんでしたね。ということは、私が次回から書くことは、未知の世界のことなんですナ。
はりQさんの今後の参考になればとも思うのですが、、、、、う〜ん、、、、たぶんならんでしょうナァ、、、(汗)。
Posted by こうへい at 2008年09月27日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。