☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2008年08月30日

四国へんろ【34】 大凶方位にはなるけれど・・・

第2回目の区切り打ちを終え、やがて7月も終わって8月になった。そして立秋も過ぎ、お盆休みの時期が来た。

この年2006年のお盆休みだが、よくよく悩んだ結果、第3回目の区切り打ちに行くことに決めていた。月の大凶方位(五黄殺氣、本命的殺氣)にはなるけれど・・・。

というのも、その翌々年、つまりは今年だが、今年2008年は戊子一白水氣中宮年で、私にとって南西方位が吉方位になる年である。この年に何としても今回の区切り打ちの結願をしたかった。

そう、終わりよければすべてヨシッということで、おへんろの最後締めくくりを年月の吉方位で終えたい、、、そう考えて、そのためのシミュレーションを、2回目の区切り打ちから帰ってから、毎日のようにやっていたのである。

その結果だが、このお盆休みに歩いておかないと、翌々年に無事結願するためには、どうもその間の行程がけっこう厳しい(無理がある)ものになりそうだということがわかってきた。

さすがにこの8月が、年月ともに大凶方位となるなら絶対行かないところだったが、取り合えず2006年は、年の吉方位が採れることには間違いないので、まぁいっか〜と妥協してしまったのだった。

ということで、第3回目の区切り打ちだが、2006年8月12日(土)〜16日(木)までのお盆休みを使って行くことにした。その行き帰りのバスチケットも事前に予約購入済みである。これで前回のようにバタバタあわてることもない。

やがて出発のときは来た。2006年8月11日(金)の夜。

前回同様、仕事を終えたその日のうちに高速バスで徳島へ移動し、首尾よく徳島駅から最終の普通電車に間に合った。

時刻は23時30分。最終電車の車内を見渡すと、だいたい8割がたの乗車率だったろうか。けっこうな乗客数だ。そして日付も変わった8月12日(土)の0時過ぎ、無事立江駅に着いた。

ほかに降りた乗客たちは足早に改札口へ向かう。私はそれを見ながら一番最後に改札を出た。
この立江駅の待合室にもベンチがある。それは、前回帰るときに確認済みだった。もちろんここで一夜を明かすつもりである。

ベンチにリュックを降ろし、駅の外に出てみた。ゾッとするほどの暗闇と静かさである。
しかしここには前回の板野駅のような浮浪者らしき輩はいない。おかげで今回は、闇の中をさまよい歩くようなことはなさそうだ。

しばらく地図を眺めながら、明日の歩くコースを確認し、やがてベンチに横になった。
足を伸ばしてもベンチの長さはじゅうぶんにある。足もブラブラしない。窮屈なことは窮屈だったが、思ったほどの寝苦しさもない。

そのうちに私はほど良い眠りについていた。



posted by こうへい at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駅利用客が絶える時間を見計らっていたのですね。
無人駅なら、トイレあり、ベンチあり、そして
ここ立江駅そばには飲物の自販機ありで、かなり
理想的な宿泊場所ですね。
「野宿」型へんろでも、さまざまな状態になるので、
ひき続きたのしく読ませていただきますよ!
わたしは、まだ結願は果たしていないので、今後
とも参考にさせていただく予定です。
Posted by よし男 at 2008年08月30日 23:42
◆よし男様

私のブログが参考になどなりますやろか・・・(汗)。
2年前からのことを必死に思い出しながら書いてますので、記憶間違いしていることを書いてないか、かなり不安でございます。

よし男さんこそ恩山寺や立江寺周辺のことをよくご存じじゃないですか。
もうどこまで回られてるのかな?

もし私の記述におかしな点があれば、どうぞご指摘くださいませ。
よろしくお願いいたします。
Posted by こうへい at 2008年08月31日 18:00
私のへんろは区切り打ちですが、乱雑です。
逆打ち、順打ち、戻り打ち、乱れ打ち、不意打ち、仇打ち、・・・
まだ勤めていたときは、3日間くらいのへんろでしたが、
1週間を越える歩きへんろでは、またきついことがあること
を知りました。やはり最初は遍路服を着るのは気恥ずかしか
ったですが、だんだん慣れて来て、これまで何千、何万の人
が歩いて来たのだと励まされて、がんばれます。
立江駅から歩いたのは去年の秋でしたので、かなり覚えて
います。記憶が不確かな部分は、他のへんろ記録を読んで、
思い出すことができます。
毎回再開すると、やはり歩きへんろはつらいです。完歩?
するのが義務でないだけ軍隊の行軍とは異なり「気楽」です。
現在は週3回ほど、13Kの砂袋を背負い、自宅近辺の坂道が
多い町を歩いて、体力を増強しています。


Posted by よし男 at 2008年08月31日 22:34
◆よし男様
それだけ多様な区切り打ちをされているということは、お四国の方か、お四国からそれほど遠くないところにお住まいの方と察します。

そうそう、私もおへんろ服(白衣)は、お四国へ来てから身につけますね。とても家の近所とかでは恥ずかしくて着れません。(汗)



Posted by こうへい at 2008年09月02日 00:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。