☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2008年08月23日

四国へんろ【32】 小松島の夜

井戸寺でおじいさんが目を見開いた先には、きっと別の歩きへんろさんがいたのだろう。
そして私のときと同様に声をかけ、またいっしょに歩かせてもらっているのだろう。


(ワシは、こうやっておへんろさんと歩かせてもらえるのが、唯一の楽しみなんじゃ。)


そうつぶやいたおじいさんの言葉が、またそのうしろ姿から聞こえてくるような感じがした。

やがておじいさんと歩きへんろさんの姿は見えなくなった。しかしあのおじいさんは、ホントにあのまま第18番・恩山寺へ向かったのだろうか。

なにしろ井戸寺から恩山寺までは16.8kmもあるのだ。しかも私を案内してくれた13番・大日寺から17番・井戸寺までも7.7kmの道のりだ。
それだけでも、「ちょっと散歩に・・・」と言えるような距離じゃない。
つくづく、あのおじいさんの元気さとタフさに感心するばかりだった。

私はその日、小松島市内に宿を取っていた。その宿に向けて徳島市街の中心部を通り抜けていくことになる。国道192号線に沿ってただひたすら歩く。中心街に近いだけあって、さすがに車の往来が激しい。

昨日までは、山道やのどかなへんろ道ばかりを歩いてきたので、この国道の道はなんとなくへんろ気分を削がれる感じもする。

少し疲れてきたので、国道沿いのバス停のベンチで小休止。やがて私を乗客と思ったバスが停車した。
運転手さんに「すみません。乗りません。」という合図を送ると、バスはすぐさま走り去っていった。

マズイな。こんなところで休んでたら、いい迷惑になる。地図を見ると、国道に並行してへんろ道があるようだ。そちらへ合流しよう。

私は、2本ほど山側に寄ったへんろ道に入った。そして1時間ほど歩くと、ますます町並みはにぎやかになってきて、やがて人通りの多い大きな建物の前に来た。そこは眉山の「阿波おどり会館」だった。

ちょうど小休止したいなと思っていたところ、会館内に座れるところが見えた。あそこで休憩しようか・・・。
しかし、人も多くて、このへんろ姿で入るには、やはり気恥ずかしさが先に立つ。が、いまは座りたくて仕方がない。私は思い切って中に入った。

入ってみると、冷房がほどよく効いていてとても気持ちがイイ。そして空いている椅子の脇に荷物を置き、椅子を汗で汚してはマズイと思って、タオルを敷いた上に腰掛けた。

なかでしばらく人の往来などを眺めていたが、ふと気づいたのは、それほどまわりからの視線が気にならないことだった。
四国ではおへんろさんなどよく見かけるものなんだろう。特にめずらしいとか、目立つというほどのものではなさそうだ。

そう思うと何か気が楽になり、それからはコンビニなどへは、何の躊躇もなく入れるようになったものだった。

しばらくして阿波おどり会館を出、今日の宿である「みどり旅館」に向かって歩き始めた。
小松島市内に入ると、やたら警備員の姿が目についた。何だろうと思っていると、今日は年に一度の夏祭りの日だと、あとで宿のご主人に聞かされた。

宿に着いて風呂を終え、夕食の席につくと、「せっかくだからお祭りも楽しんでいきなさいよ。うちの前の通りはパレードのコースにもなってるから。」とご主人に言われてそのつもりでいたのだが、他の宿泊客とおへんろのことや他愛ないことで話が盛り上がり、ビールもいっぱいごちそうになって、けっこう酔っ払ってしまった。

部屋に戻り、ベッドに横になると、外から賑やかな祭囃子が聞こえてくる。あぁ見に行きたいなと思いつつも、疲れと酒酔いで体が起きてこない。
そしてその日は祭囃子を子守唄に、そのままぐっすりと寝入ってしまったのだった。





posted by こうへい at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。はりQでございます。
実はちょくちょく覗いていたりしてたんですが…。

このバス停。ワタシは靴下まで脱ぎ捨てモリモリくつろぎましたよ。病院の前のバス停ですよね?木のベンチの。
バスを待つご婦人が2人こっちを見てヒソヒソ話されていたのですが、今思えばベンチに座りたかったのかもしれません。悪いことをしました。
Posted by はりQ at 2008年08月28日 12:01
はりQさん  ようおこしやすぅ〜。
コメントいただきましてマイドおおきにでございます。

なかなかコメントが読めなくてブログのサーバー側に問い合わせたら、負荷がかかり過ぎたら、表示されるまで時間がかかりますねん、とのことでした。
無事読めてヨカッタです。

そないゆうたら、確か病院の前やったと思いますワ。
おんなじとこで休んでたんですナ。

靴下まで脱いでモリモリ休まれたとのことで、なんかその情景が思い浮かんでくるようです。
しかしバス停のベンチやっちゅうに(笑)。

けど、井戸寺を出てからやから、あのへんで疲れてきますもんネ。
どなたか病院前に、歩きへんろさん用のベンチ設置してくれませんやろか・・・。
Posted by こうへい at 2008年08月29日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。