☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2008年07月24日

四国へんろ【25】 へんろころがし その5

焼山寺を出て、しばらく経ってから、おへんろツアーの一行と遭遇した。その先頭を歩く若い先達さん(男性:おそらく30代)に見覚えがあるなと思ったら、どうやらさっき焼山寺で、揃って読経していた団体さんのようだった。

しばらく並行して一緒に歩いていると、やがてへんろ道が上り坂に変わった。

(おいおい、どういうことだ。また上るのか。)

ふぅふぅ言いながら山道を進む。やがて下って車道に出た。ヨシ、今度こそこのまま下りだろうと思っていると、再び脇の山道を上るように赤いへんろ札が示している。

そして先頭の若い先達さんが一行に向かってひと言。
「さぁ、ここからが本番ですからネ!」

山道は細く、一行は長い一列となって坂道を上る。この上り坂がけっこう急で、かなりキツい。一行の中段を歩いていた私は、腰かけられる所を見つけるやいなや、思わず座り込んでしまった。

のちにわかったことだが、地図で確認すると、焼山寺から次の第13番・大日寺へ向かうルートは2つあって、ひとつは車道をスンナリ下り、神山町経由でぐるっと大きく迂回するルート。そしてもうひとつは今、我々が進んでいるルートだが、こちらのほうが距離的に5kmほど短い。が、そのぶん山越えをしなければならなかったのだ。

さんざん山道を上ってきて、あとは下るだけと思っていたので、この上り坂は正直こたえた。この団体の一行は、おばさんたちが主体だったが、そのおばさんたちに引っ張られるようなカタチで、私も必死に上っていった。

ちょうど峠に差しかかったところで小休止。そこに水道の蛇口があったので、栓をひねってみると水が出てきた。

若い先達さんに「この水、飲めるんですかね?」と尋ねると、「飲めないことはないです」とのこと。ビミョーな返答だったが、ガブ飲みしない程度に飲んで、のどの渇きを癒した。

しばらくの休憩後、私は一行より先に発ち、坂道を下り始めた。そしてそこからは本当に下りだけの一本道だった。


posted by こうへい at 20:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
焼山寺までやっとこさ登ったというのに、また登りかーって感じですよね。

わたくしの場合はヒザを痛めてしまったので、玉ヶ峠からの延々と続くゆるやかな下り道もまた、かなり辛かったです。

それにしても、2年前の道中とのことですが、よくここまで色々な事を鮮明に覚えていらっしゃいますねー。すごいです。
漫然と歩いてしまっているのかなぁ、と反省させられます。
Posted by こいったん at 2008年07月24日 22:57
遊びにきました。
いつ見ても良いブログですよね。
やっぱブログって時間かかって更新とか面倒臭い時もあるけど楽しいですよね^^
私は楽しんでやってます。
もし、良かったら私のブログも見てくださいね。
また遊びにきますね。
ではでは今後とも宜しくお願いします。
Posted by もてる男 at 2008年07月25日 08:16
こいったん様

いつもコメントありがとうございます。
2年前からのことですが、それほど鮮明に覚えてるわけじゃないんですよ。
ただ書いてるうちに、当時のことをふと思い出したりすることはけっこうあったりしますね。
だから今のうちに書いておこうと必死なんです。(汗)


もてる男様

はじめまして。コメントありがとうございます。
そんなお褒めいただいて恐縮です。
でも嬉しいです。ありがとうございます。

ところで、もてる男さんのブログって・・・、おへんろあるいは氣学関係かと思ったら、全然違いましたね。(笑)
Posted by こうへい at 2008年07月25日 23:25
私の場合は、計画がラフで、焼山寺に到着すれば、バスで神山温泉まで行ける
だろうとだけ考えていたところ、バスはもうありませんでした。1日に2往復
だけと知ったときはボーゼンとして見通しが立たなくなりました。しかし札所
出入りの人が軽トラックに乗りますか?と勧めてくれたので、ご好意に飛びつ
きました。神山への道はうねうねと曲がる道で、軽トラックは何度も谷に自殺
するように突っ込むような勢いで走り助手席で体が硬直しました。
「近道」というのは「より楽な道」とは別なんですね。80番国分寺から81
番白峯寺へ行くルートにも「近道」なる表示がありましたが、距離的にはウソ
でないものの、ここも「へんろ転がし」といわれる急勾配のルートでへばりま
した。

Posted by よし男 at 2008年08月11日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。