☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2011年01月21日

四国へんろ【194】 思わず感動

2008年9月14日(日) (たぶん)6時30分頃に起床

朝食をいただき、宿を出る。(実は、朝起きてから宿を出るまでの状況はほとんど覚えていない。)

てくてく歩き出すと、後方から男性の明るい声が聞こえた。

「行ってらっしゃーーい!」

振り向くと、宿の2階の窓から身を乗り出し、私に手を振るSさんの姿が見えた。
「ハァ〜イ!」と私も返事をして、大きく手を振り返した。
Sさん夫婦はこのあと大窪寺へ。そして同宿していた年配の男性は、私より少し早く宿を立っていた。

私の当日の行程は、県道2号線から10番切幡寺方面へ抜け、そこから逆打ちのカタチで6番安楽寺へ向かい、安楽寺の宿坊で宿泊予定。距離にして約30km。山登りもなく、ほぼフラットに近い比較的ラクな行程である。

続きを読む
posted by こうへい at 01:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

四国へんろ【193】 民宿 八十窪にて

山門から少し歩いたところに本日の宿「民宿 八十窪」があった。ここは88番大窪寺門前にある唯一の宿である。

女将さんらしき年配女性に2階の部屋へ案内され、ホッと一息ついたあとお風呂をいただく。そして夕食の時間。

1階の食堂には、すでに食事をしている年配の男性がいた。こんばんはと挨拶をしてその男性の対面のテーブル席に着席。

このときおかずがどんなだったのかはすっかり忘れてしまったのだが、ご飯だけは覚えている。そう、ここのご飯はお赤飯だと聞いていた。結願祝いのお赤飯。これを食べるのを私はとても楽しみにしていたのである。

続きを読む
posted by こうへい at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

四国へんろ【192】 結願のとき、、さぁ乾杯だ!

本堂の前に立ち、じっと見上げる。あぁ、やっと着いた。結願の寺に。ろうそくと線香に火を灯し、札を納めて一心に手を合わせた。左手の少し坂を上がったところに大師堂があり、同様の参拝を繰り返す。

そして納経所へ。なんとなくしんみりしながら最後の墨書と納経印をいただく。納経料を支払い、納経帳を受け取った。

ふと見ると、結願証が飾られていた。どうやら2000円で発行してもらえるようである。結願証か。どうしようかなぁ。ちょっと迷ったが、この納経帳にすべての墨書と納経印がある。これこそがりっぱな結願の証じゃないか。おへんろ交流サロンでいただいた任命書もあることだし、、、、。

まぁいっか。要らないか。  、、、ということで、私はそのまま納経所をあとにした。

ゆっくりと山門のほうへ歩き出す。笑っていた膝もいつの間にか静かになっていた。そして山門をくぐり、石段を下りて再度振り返って山門を見上げる。

続きを読む
posted by こうへい at 17:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。