☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2010年03月31日

四国へんろ【168】 あと1分!

あぁヤバイよ、どうしよう。でももういいか。善通寺は明日の朝一にしようか。でも明日の朝一7時には、76番金倉寺(こんそうじ)を打ちたいんだよなぁ。あ〜あ・・・。

「お待ちどうさま〜」

首をガックリうなだれているところへそんな声が聞こえた。顔を上げると、うどん屋のご主人が湯がき立ての釜揚げうどんをお盆に乗せて目の前に立っていた。

「どうぞ、ごゆっくり!」

ご主人はテーブルの上にお盆を置き、足早にお店の中へ戻っていった。そして目の前に置かれたうどんの量を見て、思わず目を見張った。けっこうな量である。うっ、これを何分で食べ切れるだろうか。

続きを読む
posted by こうへい at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

四国へんろ【167】 うどん三昧 その3

73番出釈迦寺(しゅっしゃかじ)への坂道をてくてくと歩き始める。歩き始めてすぐのところに茶店があった。店先にテーブルがしつらえてあり、ひとりの男性がそこでソーメンのようなものを食べていた。白衣を着ていたので、その男性もおへんろさんなのだろう。

ふと男性と目が合い、何気に話しかけた。

「美味しそうですねぇ。」
「いやぁ、アハハハ、美味いですよ〜。」
「下のうどん屋さんは、歩きへんろさんにお接待で食べさせてくれるみたいですよ。」
「えぇ!、そうなんですかぁ!、ガハハハ。」

何がそんなにおかしいんだろうか。よく笑う男性だった。

ほどなくして出釈迦寺に到着。しかしこのお寺の風景や雰囲気については、ほとんど記憶にない。きっとこれからお接待でいただくうどんのことで頭がいっぱいだったのかもしれない。

続きを読む
posted by こうへい at 23:40| Comment(14) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

四国へんろ【166】 うどん三昧 その2

醤油をぶっかけただけのうどん。これぞまさしく「醤油ぶっかけうどん」である。美味い。お昼時で腹も減っていたこともあり、大盛りに盛られたうどんを一気に食べ終えた。

しかし何だかお腹が物足りなくて、思わずもうひと玉おかわりの注文を入れた。厨房の中のオヤジさんが「えっ!(まだ食うのか!)」みたいな表情をしながらもうひと玉湯がいてくれた。そしてそれもペロッとたいらげる。いやぁ美味い。ホントに美味い。

これでお値段はいくらだったろうか。確か300円だか400円だったか。とにかく500円玉でお釣りがきたのは覚えている。格段の安さである。いやぁもう満足満足。

先に言っておこう。このあともあちこちで讃岐うどんを食することになるのだが、今回のおへんろ行において、この「かつや」の醤油ぶっかけうどんは、私にとって”King of 讃岐うどん”であった。

続きを読む
posted by こうへい at 02:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

四国へんろ【165】 うどん三昧 その1

いただきますと手を合わせ、モグモグとアン雑煮うどんを食べ始める。うっ、、、ウマイ、美味いぞこれは、、、。このモチモチとした食感。さすがは餅屋だけのことはある。こんなうどんは初めて食ったかもしれない。

さらにう〜んと唸ったのは、アンコ入り餅とのコラボである。これがまた実に美味い!。アンコの甘みとうどんのダシが絶妙にマッチしているのだ。うどんにお餅が入った「力うどん」は有名だが、アン餅がこれほどうどんに合うとは思わなかった。

だがこれも、ココのアン餅がもともと美味いからこそなのだろうし、うどんに合うアン餅を研究し尽くしたからこそ出せる味なんじゃないかなと思った。

あっという間に食べ終わり、ダシ汁もすべて飲み干した。いやぁ美味かった。満足、満足。

続きを読む
posted by こうへい at 01:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。