☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2009年09月26日

四国へんろ【148】 おかしな挨拶

2008年1月1日(火) 6時30分起床

着替えていると、部屋のドアをノックする音とともに、女将さんの声が聞こえた。

「朝食の用意ができましたよ〜。」
「ハ〜イ、ありがとうございます。」

食後すぐに出られるように荷物をすべて持って食卓の間へ。そして朝食を食べ始めてすぐぐらいに、女将さんがお正月だからということでお餅の入ったお雑煮を持ってきてくれた。感謝、感謝、、、。

、、、のはずだったのだが、何の味だ、この味は、、?? その味付けが妙というか独特というか、、、私にはお世辞にも美味いとは言えないツライ味だった。(女将さん、ゴメンナサイ)

続きを読む
posted by こうへい at 21:03| Comment(16) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

四国へんろ【147】 ないない尽くし

2007年12月31日(月) 6時起床

大晦日の朝。女将さんの見送りを受け、6時30分頃に宿を出た。少し歩くとサンクスがあり、ここで朝食のおにぎりなどを購入。いつもなら昼食分もいっしょに買うところだったが、この先、ところどころにコンビニもあり、その調達にはさほど困らなさそうなので、買わずにおいた。

薄暗い朝もや中、国道196号線をてくてく歩く。寒いことは寒かったのだが、海風が当たらない分、前日ほどの寒さは感じなかった。ということで、ポンチョは着ていない。

約1時間ほどで54番延命寺に到着。ここでの風景だが、ほとんど記憶に残っていない。というか、この日に参拝した6ヵ寺(54番延命寺、55番南光坊、56番泰山寺、57番栄福寺、58番仙遊寺、59番国分寺)のすべてがほとんど記憶にないのである。

続きを読む
posted by こうへい at 03:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

四国へんろ【146】 ポンチョの効用

うどん屋などが営業している場合、たいていは暖簾がかかっているものである。果たしてこのうどん屋はどうだったか。実はよく覚えていない。とにかく祈るような思いで、私は扉に手をかけた。

扉は静かに開いた。そして中に入ると「いらっしゃ〜い」というご主人らしき男性の声が聞こえた。ヨカッタ、営業していてくれているようである。

テーブル席に座り、取りあえずきつねうどんと他におにぎりも注文しただろうか、とにかく注文を入れた。屋内だけにさすがに暖かい。その上に熱いおうどんを食せばもっと暖かくなるだろう。ホッとしながらうどんが運ばれてくるのを待った。

続きを読む
posted by こうへい at 00:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

四国へんろ【145】 さ、寒い〜っ!

2007年12月30日(土) 早朝

バスはほぼ定刻の6時前にJR松山駅に着いた。バスを降りるや荷物を受け取り、足早に切符売り場へ。そして改札に駆け込んで、無事始発の普通列車に間に合った。

伊予和気(いよわけ)までほんの二駅。改札を出たところに小さな待合室があった。そこでリュックを降ろしてベンチに座る。そして白衣・輪袈裟を身にまとい、おでこにハチマキを締めて、その上からヘアバンドをかぶる。

このヘアバンドだが、これはいわゆる耳当てである。前年の年越しへんろの際、つんざくような耳の冷たさにヤラレタので、これだけはゼッタイ忘れずに持ってこようと思っていた。結果を先に言ってしまうが、これは耳の防寒に本当に役に立った。持ってきて大正解だった。

そして菅笠をかぶり、軍手をはめ、リュックを背負って立ち上がる。さぁ戦闘態勢は整った。これより2度目の年越しへんろ行に出発である。時刻は6時15分。

続きを読む
posted by こうへい at 03:29| Comment(14) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

四国へんろ【144】 再びの年越しへんろ行へ

第8回目の区切り打ちを終えたのが、2007年のゴールデンウイークのこと。そして次の9回目の計画となると、長期で休めるお盆休みが一般的かもしれない。

お盆休みの時期と言えば、8月の中旬。二十四節気でいうところの「立秋」を過ぎ、こよみの上では秋ということになるが、まだまだ暑さの厳しく残る時節である。

おへんろするなら、やはり春と秋がベストであろう。気候的に穏やかな時節に四国を歩くのは、とても気持ちの良いものである。それはこのゴールデンウイークに歩いてみて、少しは実感できたように思う。

逆に暑さ寒さの厳しい夏と冬は、おへんろさんの数もかなり減るようである。しかし私はその厳しい夏と冬に歩いてきた。というのも、一週間ほどまとめて休みが取れるのは、このお盆休みと年末年始の休みしかないからである。これ即ち、サラリーマンの悲しい性(さが)である。

続きを読む
posted by こうへい at 01:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

四国へんろ【143】 情けない幕切れ

しかし、マイッタ。自分がここまで歩いてきた海岸線の道は、同行二人の地図の上では、途中から欄外にあって記されていなかったのだ

歩きへんろ用のこの同行二人の地図。これをお持ちでない方にはよくわからないことだろう。それを詳しく説明すると長くなるので、ここでは避けさせていただこう。
とにかくあとで調べてみてわかったのだが、この海岸線ルートで円明寺へ向かうと、その距離は3kmどころではなく、その倍以上もあったのだ。つまり、要は私の地図の見間違い、大きな勘違いだったのである。

さて、どれくらい休んだだろうか。よくわからない。というのも、このあたりから時計に目をやる余裕さえなくしていたのか、時間的な概念がちっともないのである。

続きを読む
posted by こうへい at 01:59| Comment(16) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。