☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2009年04月27日

四国へんろ【106】 雨の真念遍路道 その2

ザーザーと降りしきる雨。これ以上待っても仕方がない。今日はずぶ濡れ覚悟だ。さぁ行くか。

バス停を出、再び歩き始める。少しして広い駐車場を擁するドライブインが見えてきた。ドライブイン水車である。そこには大きなトイレと休憩スペースも隣接されていた。

シマッタ。ここで休憩できたんだ。何もあんな狭ッ苦しいバス停で休憩しなくてもよかったのに、、、。

チクショーと思いつつ、取り敢えず小用はたしておこうとトイレへ。そして雨足が先ほどよりけっこう激しくなってきたこともあって再びの小休止。しかしこの雨、気が滅入るなぁ・・・。

続きを読む
posted by こうへい at 00:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

四国へんろ【105】 雨の真念遍路道 その1

2007年1月2日(火) 6時過ぎ起床

モソモソと起きだし、食堂へ下りていく。そして朝食。そのときのご主人との会話である。

「延光寺までどの道で行くの?」
「ハイ、真念遍路道を通って行こうかと思ってます。」
「真念遍路道かぁ・・・。あの道はねぇ・・・。」

意味深なニュアンスに、ん??と思っているところへ、お手伝いさんらしい若いお兄ちゃん(ご主人の息子さんかも?)も話に加わってきた。

続きを読む
posted by こうへい at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

四国へんろ【104】 万次郎の故郷を歩く

今日の宿である安宿(あんじゅく)目指して、山道のへんろ道をてくてく歩く。まず向かうは、ジョン万次郎の故郷・中浜地区である。この中浜へ至るまでのルートであるが、実は山道を行かずに県道の海岸線を歩くほうが景色も素晴らしくてイイよと安宿のご主人から教えられていた。

ただ海岸線ルートは少々遠回りになる。まぁ時間もあることだし、それもいいかなとも思ったのだが、私は敢えて山道のほうを選んだ。やはりアスファルトの県道より、土の山道のほうが好きなのである。

やがて山道を下り、県道27号線に合流する。しばらくして中浜地区に入った。この辺りで適当に座れるところを見つけて小休止。そこへ50代ぐらいの男性歩きへんろさんがひとりやってきた。が、特に会話することもなく、軽く会釈を交わしただけで、その人は先へ歩いていった。

続きを読む
posted by こうへい at 01:43| Comment(9) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

四国へんろ【103】 足摺岬をあとにして

肩を落として宿へと向かう。今回のおへんろ行で最大のイベントだった足摺岬での初日の出。残念は残念だったが、前日の大晦日に思いがけない日の入りの瞬間には立ち会えた。それでいい。それだけでいいじゃないか。それこそ超ラッキーなありがたいことだったのだから。

また次来る時の楽しみが残ったのだ。そう思うことにしよう、、と自分で自分に言い聞かせる。

部屋に戻ると、すぐに朝食も運ばれてきた。そして同時に給仕の女性が一枚の紙切れを差し出してきた。請求書(領収書)である。いよいよ来たか、、、、。

続きを読む
posted by こうへい at 02:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

四国へんろ【102】 シンジラレナ〜イ

2007年1月1日(月)元旦 6時30分起床

携帯アラーム音に飛び起きた。そしてカーテンを開けて外を見る。まだ薄暗かったが空には雲ひとつなく、海の向こうに水平線までがハッキリ見えた。

ヨッシャー、絶好の初日の出日和だ!!。思わず小さくガッツポーズ。

さてその前に本日の行程であるが、今日は昨日歩いてきた道を打ち戻って、安宿(あんじゅく)に宿泊予定。その距離およそ23km。ほぼ平坦なルートなので、一日としてはかなり楽な行程である。途中に参拝する札所もない。
宿を8時頃に出ても十分だなと、朝食はちょい遅めの7時30分ということで宿にお願いしていた。その前にまずは初日の出、、、、。ということで、私はそそくさと着替えて外に出た。

続きを読む
posted by こうへい at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

四国へんろ【101】 願いを込めて

金剛福寺の山門を出る。そして右手に目をやると、すぐそこに今日の宿「あしずり旅館双葉」があった。山門からほんの1〜2分で到着。

2階の部屋に通され、まずは風呂。それから食事、、、であるが、ナント自分の部屋まで運んでくれるという。驚いた。(そんなことしてくれる宿は、あとにも先にもココだけだった。)

個人客にわざわざ食事を部屋まで運んでくれる。そんな宿はそうそうない。それだけ手間と人手がかかるのだから。まぁ高級旅館ならあり得ることか、、、。

続きを読む
posted by こうへい at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

四国へんろ【100】 38番金剛福寺にて

日の入りを見送ったあとも、私は展望台でしばらく足摺の海を眺めていた。

しかしホントにサプライズだった。ここから初日の出を拝もうという目論みはあったものの、まさか年内最後の日の入りの瞬間に立ち会えるとは・・・。
そう言えば、室戸岬の手前で素晴らしい日の出を拝んだあと、その日の夕方に日の入りも拝むつもりが足指の痛みでリタイアして帰っちゃったんだよなぁ。

その次の区切り打ちで室戸岬へ来たときも、連日の雨続きで結局見れなかったし・・・。しかし今こうして、またとない瞬間に立ち会えた。これもお大師さまの粋な計らいかもしれないなぁ。ありがとう、お大師さま。

やがて辺りは一気に暗さを増し、少々寒くなってきた。さ、宿に向かおう。私はゆっくりと歩き出した。

続きを読む
posted by こうへい at 02:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。