☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2009年03月29日

四国へんろ【99】 足摺岬への道Final そして見たものは・・・

以布利(いぶり)港のへんろ小屋をあとにして、一路足摺岬目指して歩き始める。ここから足摺岬までは、あと10kmちょっとというところ。今日は夜中の3時頃から歩き始め、もう30km以上歩いてきている。しかし足の痛みも疲れも、それほどキツいとは感じていなかった。

県道27号線をてくてく歩いていると、確かこの近辺からだったろうか、不思議に思った道標がいくつも立っていることに気がついた。それは「あしづり遍路道」と書かれた道標だった。これがときに山側へ上っていくほうにあったり、海側へ下っていくほうにもあったり・・・。

あしづり遍路道か、、、。何だろう、これは、、、。地図を開いて確認するが、足摺岬への道は、この県道27号線一本道のはず。この道標が示すようなへんろ道は、地図には記載されていない。そもそもあのお馴染みの赤いへんろ標識とは違うものだ。

続きを読む
posted by こうへい at 14:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

四国へんろ【98】 足摺岬への道 その5

下之加江地区を抜け、さらに国道321号線をただ黙々と歩き続ける。しかし歩いていた当時は、ずっと西へ西へと向かっていたと思っていたのだが、今このブログを書きながら意外なことに気がついた。

四国の全体地図を見ればよくわかるのだが、このとき私はほとんど南へ南へと向かっていたのだった。それも須崎あたりからずーーっと・・・。

そう言えば、あれだけ寒くてタオルを頭からかぶり、耳当て替わりにして歩いていたのが、この下之加江地区ではタオルも脱いでいた上に、寒かったという印象がまったくなかった。

続きを読む
posted by こうへい at 01:55| Comment(9) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

四国へんろ【97】 足摺岬への道 その4

四万十川を離れ、国道321号線を右にカーブしていく。そのときだった。対向して走ってくる一台の車がスピードをゆるめ、私の歩く横に停車した。
助手席の窓がゆっくり開く。そして運転席の女性が左腕をいっぱいに伸ばして、ミネラルウォーターのペットボトルを差し出してくれた。お接待である。

突然のことでやや戸惑いながらもお礼をいって受け取った。しかし先ほど熱いお茶のお接待を受けたばっかりなのに、またこうして・・・。ホントにありがたいことである。

少しして、右手に広がる風景に思わず目を見張った。小高い山の中腹に「大」の文字が見える。ナント大文字山がそこにあったのである。

続きを読む
posted by こうへい at 02:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

四国へんろ【96】 足摺岬への道 その3

ヤバイ。睨まれた。どうしよう。逃げようか、、、、。そして思わず立ち上がる。

いやしかし、ここで逃げるように立ち去っては、逆に怪しまれることになりかねない。とにかく今の私は、人様の敷地に無断で立ち入ってる。いわゆる不法侵入罪に当たることとなんら変わりないことをしているのだ。

また家人の人が出てきたら、とにかく謝らなければ、、、、。そうだ、せめてテーブルとイスだけでも拭いてキレイにしておこう、、、、と、頭巾のようにかぶっていたタオルを脱いで、テーブルを拭き始めた。

続きを読む
posted by こうへい at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

四国へんろ【95】 足摺岬への道 その2

2006年12月31日(日) 午前3時起床。

真夏でもまだ真っ暗な時間。ゴソゴソと起きだし、身支度を整えて、3時30分には宿を出た。少し離れたところに自販機があり、缶コーヒーを買って身体を温める。

真っ暗闇の道を懐中電灯片手にてくてく歩く。持ってきた懐中電灯は自転車用のLEDライトで、かなり前方まで明かりが届く。おぉ、これは明るいぞー!。道路標識もハッキリと見え、嬉しくなって右へ左へあちこちと明かりを向ける。なんともおバカさんである。

歩きながら、ふと夜空を見上げる。満天の星がキレイだ。美しい。そして足を止め、懐中電灯も消す。辺りは街灯もなく、まさに真っ暗闇。だが、それだけに夜空に輝く満天の星がよりいっそう美しく見えた。

続きを読む
posted by こうへい at 17:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

四国へんろ【94】 足摺岬への道 その1

2006年12月30日(土)

これより目指す足摺岬に、次の札所38番金剛福寺がある。その距離は、37番岩本寺から実に80.7q。これまでの、というか、この四国へんろ中における札所間の最長区間である。

この区間を、私は2日間で歩き切る予定を立てた。一日平均40kmの長〜い道のりではあるが、そうすることで、足摺岬で初日の出を拝むことができるのである。

決して歩けない距離じゃない。確かにこの2日間は厳しいかもしれないけれど、その後は比較的ゆっくりペースを考えていて、少々予定が狂っても構わない。

しかし足摺岬で初日の出というプランは譲れない。何としても2日間で辿りつきたい・・・。

続きを読む
posted by こうへい at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

四国へんろ【93】 岩本寺の天井絵

さて、バスが走り出してどれくらい経っただろうか、やがて隣のオッサンのいびきが止んだ。そして張っていた肘も引っ込めてくれた。ヨカッタ。どうやらちょっと目覚めてくれたようである。

だが、静かになったのはほんの一時で、やがてまたガーガーといびきをかき出した。しかしこの狭い座席で、よくこれだけ熟睡できるものである。逆に感心するやら、羨ましく思うやら。

よっぽど疲れてたのか、昨日からほとんど寝ていないのか。取り合えず、みずから肘は引っ込めてくれたので、話のわからん人でもなさそうだ。が、いびきは本人もどうしようもないところだろう。止めてくれというのも酷な話である。

仕方がない。あきらめよう。ぐっすりお休み、オッサンよ。

続きを読む
posted by こうへい at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

四国へんろ【92】 ガックリ・・・

さて2006年の年末年始休暇であるが、暮れの30日(土)から明けて8日(月・祝)までの10連休もあった。寒さ厳しい時期かもしれないが、このときに歩いておかない手はない。方位としても、月の凶方位なれど、年の大吉方位である。

そこで、取り合えず29日の夜行バスで四国入りし、5日までに行けるところまで行って、6日には松山からの高速バスで帰阪するという予定を立てた。

年末年始ということで、バスチケットはあっという間に売り切れるだろう。まずは行き帰りのチケット入手が肝心である。

続きを読む
posted by こうへい at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

四国へんろ【91】 絶品! カツオのたたき

Tさん、Yさん、Sさんらと別れ、ひとり今日の宿である美馬旅館に向かう。向かうといっても岩本寺からはほど近く、ほんの2〜3分ほどで着いた。時刻は17時前。

2階の部屋に案内され、ホッと一息入れる。そして入浴後、1階の夕食の席についた。
この美馬旅館であるが、料亭というかお食事処も兼ねていて、旅館宿泊者用の席のほかに、一般客用の席もあり、料理もたいそう美味しかった。

続きを読む
posted by こうへい at 17:38| Comment(8) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。