☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2008年07月14日

四国へんろ【22】 へんろころがし その2

次の休憩所となる柳水庵まで約3.4km。アップダウンの激しいへんろ道が続く。が、こんなとき、手に持つ金剛杖の頼もしいこと。この杖は、お大師さまの分身である。そう、同行二人。決して一人で歩いているわけではなく、常にお大師さまが一緒にいてくれる。そう思うだけで、心強い。

最初の頃はまだ扱いに慣れず、杖をついてはその先端がすべってズッコケそうになったり、側溝に突っ込んで折れそうになったり。
しかし、上り坂を上るとき、この杖は大きなパワーを発揮してくれる。杖をやや前方につき、足を上げて上ろうとするや、グイっと杖を後方に突き押すと、身体はスーッと前方へ移動する。そのときは本当にお大師さまが力を貸してくれていると感じられる。

続きを読む


posted by こうへい at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。