☆☆☆義援金寄付ならびに節電のお願い☆☆☆

2008年07月09日

四国へんろ【20】 早朝の第11番・藤井寺

県道からクリーニング店のある角を右に折れると、第11番・藤井寺まであと1km足らず。そして古い民家のある細いわき道を通り抜けると、そこに藤井寺はあった。到着時刻は6時30分。

納経までまだ30分もある。急いでも仕方がないので、本堂と大師堂をゆっくりとお参りする。
そして納経所横のベンチにリュックを降ろして小休止。さっきのおばあちゃんにいただいた梅じそジュースをチビチビと口に含む。一気に飲み干したいところだが、さすがにもったいなくてできなかった。

しかしまだ納経前の時間なのに、私のあとから一人、二人とけっこう途切れずに歩きへんろさんがやってくる。こんな早朝に、私みたいな物好きな人間がけっこういるもんだと思っていた。

しかしどうも様子が変だ。お参りする人はいても、誰ひとり納経所にやってこないのだ。なかにはお参りもせず、そのまま姿が見えなくなる人もいる。納経を待っているのは自分だけ。どういうことだ?

続きを読む


posted by こうへい at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩きへんろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。